牛乳の保存期限  

牛乳の保存期限

牛乳(milk)

賞味期限 10日  (10℃以下で保存)

脂肪が分離するので 冷凍はできない
(ただしホワイトソースなどにすれば冷凍可能)

10日と言うのは「未開封」での賞味期限です。
開封した後どのくらいもつかは以下の条件などで変化します。

・牛乳はニオイと雑菌が移りやすい

栄養豊富な牛乳は細菌も好みます。繁殖も早い。
したがって、「飲み口を触る」、「容器から直接飲む」はやめて下さい。

紙パックの口を開く時も、素手で触れぬ様に工夫しましょう。
口をつけて直接飲むのは菌を移す行為。コップを使いましょう。

においが移りやすいので、しっかり口を閉じ臭気のある食材から離して保存。

飲み残した牛乳はこれらの具合で「もち」が変わってきます。
保存良好なら賞味期限までは大丈夫でしょう。
本当は賞味期限を遥かにオーバーしても腐らない

しかし、状態が悪いと以下のようになります。

・異臭がする
・酸味や苦味がある
・表面にブツブツがみえる

明らかな腐敗臭であれば、即捨てて下さい。
絶対に飲んではいけません。

微妙な場合は沸かしてみるといいです。
沸騰後に分離したり固まりができる時は腐っています。

低温殺菌牛乳とロングライフ牛乳

一般の牛乳は130℃で殺菌されています。
ところが栄養や持ち味を残すために低温(60℃前後)で殺菌した牛乳も。
こうしたものを「低温殺菌牛乳」といいます。

これらは「生き残り」が存在するので足も早くなる。
なので「賞味期限」ではなく、「消費期限」が表示されています。
表示されている期限にしたがって出来るだけはやくお使いください。

一方でロングライフ牛乳(LL牛乳)は超高温殺菌。
135~150℃で殺菌したうえに、特殊な重層構造のパックに無菌充填。
なので、常温で2ヶ月ほど保存可能です。

※厳密に製造したUHT牛乳は半年から1年は保存可能です










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.