リンゴには塩  

リンゴには塩

枚挙にいとまがないほど、その健康効果が云われるリンゴ。
古代から世界中で「万病の薬」とされてきました。

リンゴの糖は非常に吸収が早いので、朝の食卓に並べたい。
ところがジュースにしろ、カットリンゴにしろ、すぐ変色してしまいます。

これはリンゴの機能性成分であるポルフェノール(クロロゲン酸やプロシアニジンなど)が、空気に触れて酸化するためです。ポルフェノールオキシダーゼという酵素によってそうなるのです。

これを抑制してくれるのが「塩」
カットしたリンゴは塩水に浸けることで、
ジュースやおろしは塩を少々かけることで、
酸化酵素を抑えこんで、茶色に変色するのを防止します。

塩は1%程度、つけ時間は1分以内です。

ビタミンCにも同様の効果があります。
なので、レモン汁をかけることでも褐変を防止できます










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.