キャベツの冷凍  

キャベツの冷凍

ほとんどの野菜は繊維質であり、水分が多いです。
つまり、冷凍には適さないという事です。

生の新鮮なものを食べるにこした事はありません。
ですが、そうもいかない事情が今は多いことだと察します。

食べ切れず捨ててしまうよりは、冷凍してでも食べるべき。
自分はそう思います。
(冷凍野菜は、ほぼ加熱調理に限定され、しかも本来の食感は期待できないにしても、です)

冷凍に向かない理由は「水分」と「繊維」
繊維(筋)を壊してやり、水気を抜いてやれば良いわけです。

この両方を、同時にできるのは「加熱」ですね。

冷凍による細胞の破壊で、食感が落ちてしまうのは仕方ありません。
しかしながら、栄養素の損失はほとんど無いということが分かっています。

キャベツを冷凍する

キャベツも水分が多く、繊維の粗い野菜。
ですが、適度に加熱して水分を飛ばし組織を変質させれば、冷凍してもそんなに味は落ちませんよ。

冷凍に必要な処理

・塩茹でする

①湯に通して繊維を柔らかく
②冷水にとり加熱を止める
③軽く水気を絞る
④保存袋に詰めて冷凍


・炒める

①油で炒めてしんなりさせる
②自然に冷ます
③ラップし、保存袋に詰めて冷凍

※電子レンジで加熱してもOK

☆解凍
自然解凍か電子レンジの解凍

※芽キャベツ
丸ごと茹でるか電子レンジで加熱
トレーに並べて凍結させて冷凍保存用袋に入れて保存。
2ヶ月は大丈夫です。

※野菜の切れ端が沢山でたら、切りそろえてボイル(又は電子レンジ)で火を入れて冷凍し、「ミックスベジタブル」にしましょう。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.