豚肉で迷った時は肩ロース  

豚肉で迷った時は肩ロース

豚肉を使おうと思ったけど、どんな料理にするか決めていない。
そのような場合は迷わず「肩ロース」を購入しておきましょう。

肩ロースはオールマイティでどんな料理にでも使えるからです。

場所は前肢の上部である「かた」の上で、後頭部の後ろ、つまり首に相当する部分が肩ロースになります。その後ろにあるロースと並んで、もっとも豚肉らしい食味があります。

料理に合わせて豚を買う

あらかじめ料理を決めてからお買い物する場合は、適合する部位の豚肉をお求めになるとよいでしょう。

赤身の「かた」や「もも」

脂身を避けたい時のポークカレーや煮込み料理の場合に良いです。

適度な脂身がある「ロース」

トンカツやしょうが焼きに適します。
脂身を抑えたい時は「ひれ」をチョイスするといいでしょう。

脂身が厚く、旨みも濃い「ばら肉」

ベーコンを作るアバラの周囲ですね。
ここは薄く切って豚汁など汁ものに、厚く大きく切って角煮に。

その他

【もち豚】と【水豚】

キメが細かく弾力とハリがある脂肪と赤身。
脂肪は濁りのない純白でツヤツヤ。
お餅のような締りと色合い。
このような肉質の豚を「もち豚」と呼びます。
その正反対で、ぶよぶよと締りのない豚肉が「水豚」です。
日本の豚肉は品質が高く、もち豚はよく見ますが水豚は殆どありません。

安い豚肉を美味しくする

タマネギのみじん切りとサラダ油を1:1で合わせる
このマリネ液に豚肉を沈める
冷蔵庫に1日
安物の豚肉とは思えないほど美味しくなります。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.