めひかり/アオメエソ  

目光り

めひかりって魚をご存知でしょうか。
「アオメエソ」という深海魚の通り名でして、おそらく四国の高知あたりの方言かも知れませんが、今じゃ市場でも目光(めひかり)の名で呼ばれてます。大きくても15㎝くらいという小魚で、干物の他塩焼き・唐揚げ・天ぷらで食べます。新鮮なものは刺身でもいけます。深海魚独特の脂もあり、けっこう美味い。

特徴は青緑色に光る大きな目で、宇宙生物を連想します。


いわき市では市の魚としてめひかりの消費拡大に力を入れています。

これの干物や空揚げは一度食べてみてもよいと思いますよ。 空揚げにしてみました。


アオメエソの南蛮漬け

最近でもうメヒカリは珍魚の部類に入らないのかもしれませんねぇ。
それだけ日本近海の魚影が薄くなったっていう事でしょうか。

Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.