アブラボウズ  

アブラボウズ

脂坊主・油坊主
ギンダラ科アブラボウズ属
別名「おしつけ」

深海性の魚でギンダラ科らしく、また名前通り脂たっぷりの白身。 一見クエと似ているので注意が必要。

クエ鍋と称するのは明らかに食品偽装表示でJAS法違反。
アブラボウズの名称表示の適正化について:農水省

味自体はけっして悪くない魚ですが、昔の河岸ではワックス成分(脂・グリセリド)が多いので、食べると腹を下すと言われていた魚です。それで練り製品専用とされていた時期もあります。食べ過ぎは良くない魚。

おろし身になると、見た目は、ギンダラやムツなんかとよく似てます。

どこかで出しているとしても、アブラボウズの名では出してないはずなんで、もし見かけたら「これアブラボウズなんじゃないの?」なんて通ぶってみましょう。確実に板前に嫌われます(笑)

それ以前に、河岸で出荷する時点で別名にしちゃってるんで(アブラボウズの名は市場じゃちょっとだけタブー)、大半の板前はアブラボウズを知らないと思いますが。

バラハタとかアブラボウズとか昔の市場では「下魚」「危ない魚」と嫌わていた魚が、21世紀に入ってからなぜか高級魚のように紹介されている例が多くなりました。昔のことを知らないのはちょっと怖いですね。

スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.