そら豆、旬は三日間へのコメント

毎日市場に通っているのですが、最近そら豆が出始めて、先日塩ゆでにして食べました。うまかったなぁ。ビールによく合いますねぇ。
しかし、そら豆ってガタイの割に中身が少ねぇよ。なんか損した気分もありましたが、美味さに免じて了としたいと思います。
Posted by 下田部魯山人 at 2008年05月04日 09:47



美味さに免じて勘弁してやっておくんなさい(笑
Posted by 魚山人 at 2008年05月04日 22:23



こんばんは^^
そら豆♪ 本当に歩留まり悪すぎますよね~、家も畑で作っていますが、
4分の3がサヤですよー(-_-)
何から、身を守ってるんでしょうね?

露地栽培ゆえ、塩茹でで食べられるのは、まだまだ先のようです。
Posted by ほっこり at 2008年05月05日 21:47




さすがに「稀に見る日本のおかあさん」、「最高の主婦」とおいらが決めてる
ほっこりさんです。露地という言葉の響きがが何故か非常に嬉しいです(^_^)
都会の人間にゃね、今や栽培だの露地だのなんて言葉はただの「字」にしかすぎません。その意味を知る機会が無いから仕方ないことではあるんですが、やるせないもんですよ。

遺伝子を守るのは生命体の本能で存在意義ですらあるんで、種実を強くガードするのは本質的なものかも知れません。
しかし人間は品種改良によって便利な種を作り出しています。
野菜用の早採り用と完熟待ちに分けてるのもその一例です。
今の野菜用は「一寸系」が主流ですが、一寸系(おたふく)の中でも「打越」や「仁徳」はかなり歩留まり良く豆が利用できますよね。

それにしてもほっこりさんが羨ましい。おいらも畑が欲しいですなぁ。

きっと美味しいソラマメ料理になるでしょうね、ほっこりさんなら。
楽しみですね(^^)
Posted by 魚山人 at 2008年05月05日

<< 手前板前: そら豆、旬は三日間