鍋物を美味しく作るコツへのコメント

どのページを見てもありがたい話が満載。
私も料理をよくするのですが、家庭では家内共々時間に追われ、じっくり作り込むことはなかなかできません。雑炊も残り物を片付ける時によくしますが、プロの技はやはり「目からうろこ」。本当にありがたいブログです。
このseesaaブログはRSSはないのでしょうか?
Posted by MG at 2006年11月01日 08:55




MGさん、こんにちは。

RSSは左サイドバー下段のQRコ-ドの所にありますよ。
右クリックのプロパティでRSSのURLが見られると思います。

雑炊は残り物の冷や飯の処分にも最適ですよね。
その場合でも、鍋に入れる前に、ザルに入れて水道を流しながら洗ってほぐして粘りを取りますと、仕上がりに格段の差が出ますよ。
あまり早く洗いすぎると、水を吸ってふやけてしまいますので、鍋に入れる直前に洗うのが良いです。

ふやかさない、という意味で煮込み過ぎもよくないですね。必ず、味を決めたダシを先に沸騰させてからご飯を入れ中火にして再度煮立ったら卵を溶きいれ火を止めます。

程よく出来上がった雑炊は、なかなかにオツなものですね。
Posted by 魚山人 at 2006年11月01日 10:14




いや~。いつもふやかしていました。(笑)

益々、にぎやかなブログになってRSSがある場所は気がつきませんでした。無事、設定も終えて以前にも増して拝見させていただきますので宜しくお願い申し上げます。
Posted by MG at 2006年11月01日 19:18




お久しぶりです。
リニュ・・・お引越し?ご苦労様です!
だんだん秋が深まってきましたね・・・w
今は、絵を描くのに毎日夢中です。
そろそろリンク集もちゃんと作ろうと思っていて。
早速ですが、リンクに入れさせて頂いて宜しいですか??
良ければ・・・リンクのために、こちらのアドレス教えてくださいな(^^)
Posted by みは at 2006年11月01日 21:55


。。。引き続き済みません;
上のお話を読んで思ったのですが・・・
リンクするときのアドレスって、RSSってやつ・・・ですか、ですよね(汗;
Posted by みは at 2006年11月01日 21:59



MGさん、有難う御座います。

じっくり読書する時間が取れませんので、ここんとこご無沙汰ですが、そちらのブログで本のお題目を眺め、要点を衝いた簡略なご説明を読みますと、それだけで楽しい気持ちになります。

今後とも宜しくです。
Posted by 魚山人 at 2006年11月02日 06:12



みはさん、お久しぶり(^^)

この場合、RSSは関係ないですよ。

ブックマークしたいページ(大体はサイトのトップページ)を開いたら、ブラウザの上、アドレス窓にURLが出ますよね、それがそのサイトのアドレスです。それをコピーしてもいいし。
もっと簡単なのは、こないだの文字サイズんときの「表示」の隣にある「お気に入り(A)」を押せば瞬間的にブラウザにブックマーク出来ます。
使い分けて下さい。

ついでに、もしリンクしたい相手がラブログのサイトなら、そのサイトのサイドバーの一番下にある「お気に入りに追加」を押せば自動的に『お気に入りBlog』に追加されるんで、そこで「保存」を押せばOK。


おいらも三ヶ月前にゃ何も解んなかったから、みはさんの苦闘は他人事じゃないですよ。
ややこしい説明はいくらでもあるんですが、もっとも知りたい初歩的な事を教えてくれる所が無い。
まったくの初心者には冷たい気がしますんでね。

だから遠慮はいりませんよ。
(おいらもまだ初心者、教えられるのは少ないですけど)
Posted by 魚山人 at 2006年11月02日 06:13




3ヶ月経っても全然なみはです・・・(T_T)

優しいお言葉、ありがとうございますw
そうですよねっ本当に分かり易い説明とかって、無いですよねっ(逆ギレ

リンク集、完成させるまでまだ時間がかかりそうです。。。3連休のうちに頑張れたら良いなぁと思っています。
Posted by みは at 2006年11月02日 18:32


はじめまして。
料理初心者の新妻です(笑)
昨日、店頭の鮮魚コーナーで、するめいかが目に付き買ってきたんですが、家に帰って大後悔。
自分にこんなんさばくテクはない!!!
ひとしきり落ち込んだ後、検索したらここに飛んできました。
おかげで、何とか、いかをてんぷらにすることができました。
ありがとうございました。
ランキング、クリックさせていただきました。
また、ちょくちょくお邪魔させてもらうと思います。
今年の目標は、魚料理をできるようになる、とたててます。
触ったこともなかったんで、私には大きな壁ですが、達成できるようにがんばります。
Posted by まつこ at 2007年02月24日 07:26



こんにちは。

そりゃ良かったです(^_^)
それと、どうもありがとうございます。

魚料理頑張って下さいね。
出来るだけ沢山魚の処理を取り上げる様にしてますんで、宜しければちょくちょく見にいらしてください。
分からない事がありましたら、いつでもコメントどうぞ(^^)
Posted by 魚山人 at 2007年02月24日 11:40




キジ鍋が出ましたね。
このキジを撮影するのに四苦八苦。ケーンというよりゲッゲッーンと言って逃げていきます。(笑)食べるつもりはないのに・・。(爆)
もっとも、以前は刺身にしても食べていました。美味いですよ。寄生虫も怖いですが。

ハンターの人とも良く話しをしますが、狩猟用に飼育繁殖されたものが放鳥されています。純粋な野鳥というものは少ないのかもしれません。
Posted by MG at 2007年02月27日 20:27




こんばんはMG さん。

若い時の事ですが、お客さんとカモ撃ちに行った経験があります。
でも雉は見かけませんでした。なんでも大変用心深いとか。
あれを見ると沖縄のヤンバルクイナとかを連想しますんで、もし見つけたとしても撃てませんけど。

その時にハンターの方から天然雉をふるまってもらいました。
思ったんですが、人の手で飼育された雉より確かに野趣はありますけど、魚と同じで飼われ育てられたものの方が口に合う、そういう人がきっと多いんだろうなって。

もう純粋の野生動物を食べる時代では無いのかも知れません。
人間と野生というのは兼ね合いが難しいですね。
Posted by 魚山人 at 2007年02月27日


ほとんど、ブイヨンかコンソメで基本の味を作ってます。
Posted by あかまる at 2007年10月19日 11:24



こんばんは。
あかまるさんの手製肉料理、とても美味しそうです。
想いがこもってるよう見受けました。

ブイヨンとコンソメで正しいと思いますよ、ベースは。
このページでは主旨から外れますので軽く流していますが、基本のスープ(出汁)が一番肝心なのは言うまでもありません。

肉の場合の「隠し味」は、ここで取り上げていない西洋調味料がやはり良いですが、「味噌」「醤油」「味醂」そして赤ワイン代わりに「日本酒」なんて和風もけっこう合いますよね。隠し味にするときは、赤ワイン1に日本酒0.2といった具合に使います。
Posted by 魚山人 at 2007年10月19日



イノシシはうちの田舎ではポピュラーな食材で、結構普通に肉屋に並んでいました。また、時々道路に出てくるので、車ではねることもあります(私の父は車で3頭はねて持ち帰ったことがあります)。

シシ肉、鍋にしても美味しいですが、スライスしたシシ肉に軽く塩胡椒して炭火で炙ったものなんか最高ですね。
Posted by 公爵 at 2008年02月07日 00:36





それは羨ましいと言いますか・・・旨そうですね。

ところで奄美の「みき」ですけど、砂糖を別の甘味に変えたくて、手作りしてみましたが、どうも巧く発酵しません。
我慢できす、ネットで購入しました。(安い!)
やはり美味い(^^)
周囲の者には不評ですが、自分の口にはものすごく合います。
疲労回復の隠れ特効薬として愛飲してますよ。
Posted by 魚山人 at 2008年02月07日 05:57



魚山人様
ほほう、奄美の「みき」をご存知とはなかなかマニアックな・・・。あれ、不思議な飲み物ですよね。飲んだことがない人には説明が難しいですが、強いて言えば、インド・パキスタン料理のラッシーと少し似ているような感じですね。最近「みき」飲んでないなぁ・・・。
Posted by 公爵 at 2008年02月07日 06:31





大将おぉぉぉ~(ノд-。)
甘えていぃぃぃですかぁ~(←(腐ヲンナ)の真似)

いきなりすみません。。。
ローストビーフが上手く焼けないんですよ~(ノ_-。クスン
出来上がったのは美味しそうなんですよ
でも
切ってみたらパサパサなんです。。


ちゃんとレシピ通り作ってるんですけど、、、
美味しくできません
具体的に言うと、肉汁が無い感じです

すみません、どうしたらいいのか教えて下さい。。。

いのしし君にあんまし関係の無い
、、、しかも、、、、馬鹿みたいなコメで
ゴメンナサイ。。
Posted by マル子之助 at 2008年02月07日 08:32



公爵さん、「みき」は絶品です。
最初にあれを飲んだ時には驚きました。作り方を聞いて、なお感嘆しました。
粥にさつま芋を加え発酵。沖縄でも鹿児島でもあんな物は見てません。まさしく郷土の宝ですよ。砂糖を工夫すれば健康飲料と称せる立派な飲み物です。いや飲料より料理であると言えます。すでに10年以上前から懐石や会席の一品に時々使っています。
友人から送ってもらってましたが、毎回手を煩わせるのに気が引けていましたので、こういう面ではネットは助かりますね。
Posted by 魚山人 at 2008年02月07日 17:05



マルちゃんがこんな初歩的な質問してくるとは、驚きですな。
しかし嬉しいですけどね(^_^)

それは簡単な話でね、肉をカットする時間です。
多分熱いうちに切ってるんでしょう。
焼きあがってもホイルにしっかり包んで、外部温度が中心温度と等しくなるまで待ってから切ってみて下さい。その適温とは出来上がった時の内部温度で、人肌、つまり36度前後。掴んでも熱くなければOKです。
外側だけが熱い時点でカットすると肉汁が抜けてしまいます。
肉のサイズにもよりますが、温度低下まで1時間はかかります。

レシピ通りですと、焼き時間等の問題は発生しませんので、これしか考えられませんのですが。料理書にも書いてあるのと無いのがあるんでしょうから見落としたのかも知れませんね。
Posted by 魚山人 at 2008年02月07日 17:06



ひぇ~。。。。。うかつでした。。。。
その通りです。。熱いほうが美味しいかと・・・つい・・

本当にごめんなさい。。感謝します。。
どうもありがとうございました。。
Posted by まるこ at 2008年02月07日

<< 手前板前: 鍋物を美味しく作るコツ