ホタルイカのさばき方  

蛍烏賊(ほたるいか)

 

ホタルイカは春から初夏が旬です。
おいらは三月になると、コイツの生が出るのが楽しみなんですよ。
生をポン酢で丸ごと食うのが大好き。

蛍のように発光するんでこの名がつきました。4~5月に産卵ために海岸に近づきます。体長5㎝前後の小さなイカで、「マツイカ」とも呼ばれます。もともと富山湾の名物でしたが、何故だか近年になって相模湾でも獲れる様になりました。

※他の地方で獲れないという意味ではありません
イカの知識

生食が好きと書きましたが、強引におすすめはできません。
寄生虫の問題があるからです。
※この件に関しては最後の欄をお読みください

安全に芯までボイルした釜揚げが良いと思います。

普通は上のような状態(浜茹)で、出回ります。
生なら茹でましょう。

ほたるいかのさばき方

さばき方といっても、庖丁がいるわけではないので簡単ですよ。
「ホタルイカの掃除」が実態に近いですね。
必要なのは骨抜きだけ。無ければ毛抜きでも可能です。

実は何もしないでもそのまま食べられますが、一応手順としては、目玉・くちばし・背中の甲を取り除きます。

目玉と

クチバシと

甲を取り除きます。

これで食べられます。
酢味噌が合いますよ。

生のホタルイカでもやり方は同じです。

スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.