土佐包丁、板前の磨きでサビ地獄から復活  

土佐包丁、板前の磨きでサビ地獄から復活

読者投稿の庖丁画像〔#61〕 

投稿者:カツキン(男)
職業:板前


かつきんです。
以前投稿させていただいた細工包丁の話をして女将さんから柄の交換をお願いされました。
先代の女将さんの使われていたかなり古い土佐の包丁なんですが柄が割れていて…やはり中込が腐ってました。

交換は無理だから捨てようと言われましたがなんとかならないかなと考え加工して再生しました。顎を切り磨き直し中込を作り直して仕上げました。



何十年も年を重ねてきた包丁、捨てるのは嫌ですよ。頑張ってみました。小さくはなりましたが蘇り十分使用できます。


包丁は生き物だと考えます。手入れしてあげれば仕事の助けになってくれますし怠ればすぐに錆びくれてしまい心が写るように思うんです。だから大変でしたが蘇ってくれてうれしかったし全然苦になりませんでした。女将さんも本当によろこんでくれました。

2014年08月12日

Comment
スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.