蕎麦屋の和包丁  

蕎麦屋の和包丁

 

読者投稿の包丁画像〔#33〕 

投稿者:玄庵(男)
職業:蕎麦屋

訳有りで頂いた包丁

店を創める前に知人から頂きました和包丁セットです。

このHPの諸先輩方にはお見せするのは、まだまだ素人ですが投稿させていただきます。
上から尺の青鋼ふぐ引き110g・尺1の和鋼本焼き柳刃255g・青鋼出刃・青鋼薄刃で 手にした頃はふぐ引き一本で刺身やら野菜等見境無く使ってました。







そのせいで、よく刃こぼれをしそのたびに砥石でごしごしで、うら研ぎはするは適当に研いでました

魚山人様のサイトに辿りつき和包丁の研ぎ方等を見るとコリャ駄目だと自覚させて頂いた次第です。

ふぐ引きは悲しい状態になってます。

数年まえから使って無かった柳刃を使うようになり刺身等を切る時、刃の重みだけで引くとスッパを切れる!

ありゃ今まで何してたんだお客にどんな切り口の刺身を出していたんだと反省した次第です。

グローバルのスライサーはこのサイトを見て購入です。



柑橘系をスライスするのに和ペティーを使っていましたが、多忙時に綺麗に拭けば良いのですが

チョイ気を抜いているとすぐ錆びが浮き難儀してましたがスライサーを購入してからは手入れが楽になりました

蕎麦屋なのに蕎麦包丁では無く、和包丁の投稿になりました

でも、この包丁達が無ければ蕎麦だけの店に成ってたでしょうし、和食の奥深さを教えてくれた和包丁達です

頂いた方に感謝です。
2011/11/10

追伸

魚山人様、又諸先輩方へ
知識向上の為コメ頂ければ幸いです。
2011/11/11(08:01)
玄庵

Comment
スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.