板前歴30年・幸せ(真当)に老いた包丁は美しい  

板前歴30年・幸せ(真当)に老いた包丁は美しい

 

投稿者:まいど(男)
職業:和食板前

魚山人様、はじめまして「まいど」と申します。
ブログをいつも楽しく拝見させていただいております。
魚山人様のブログに感銘を受けてこの度、写真を投稿させて頂きます。

自分は関西で27年間和食の板前を生業としておりますが、恥ずかしながら今回今の店に入って真となり勤続20年の節目と言う事もあり、自身の歩んだ歴史とも言える柳刃包丁の写真を二丁投稿させて頂きます。


手前の柳は土井敬二郎さん作、堺孝行青二鋼尺一寸で18年程使用した物です。
奥は源泉正白二鋼尺寸で、これも17年使用の物です。







どちらも購入当時の面影は全く有りませんが、昭和の終わりのバブルから平成のリーマンショックを越え、時代の荒波に今ももまれ続ける自分の歴史が刻まれた大切な相方です。

これを見る度に、わが身を削ってこんな姿になるまで、ひたすらお客様の為に働いてくれた事に感謝しつつ、また自分のたどった軌跡を振り返り明日への糧としております。

言葉下手で良いコメントは書けませんが、これからもブログを楽しみにしておりますので今後ともよろしくお願いします。
2011/10/25

Comment
スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.