捨て舎利へのコメント

やっぱプロってすげぇ
Posted by 下田部魯山人 at 2008年04月25日 07:58


こんにちは。

お客さんが美味しいと思ってこその料理。
それを考え続けて実践するのが料理人だと思います。
Posted by 魚山人 at 2008年04月25日 08:40


いつも楽しみにして読ませていただいています。

うちの親父は鮨屋でしたが、つけ場の綺麗さといい、このシャリの事といい、子供の頃は全然気がつきませんでしたが、しっかりとした仕事をしていたのだと再確認ができました。
ありがとうございます。
Posted by よっしぃ at 2008年04月25日 13:01


こんにちは。ありがとうございます。

そうですか御父上が鮨を。さぞ良い職人さんだったのでしょう。
子供さんに仕事を理解してもらえて、親父さんもとても嬉しいと思いますよ。家族に分かってもらえるのは本当に嬉しいもんなんです。
なによりの親孝行ではないでしょうか。
Posted by 魚山人 at 2008年04月25日 13:38


あの漫画についてはただ頭だけの知識でものを書いているのは明らかでしょう。最初のころは誰でもできるようなネタを紹介してたりしたのでそれなりに好感をもって読んでいたのですが、40巻目ぐらいから思想くささが鼻につくようになって読まなくなりました。それに、料理は勝った負けたのためじゃなく、食べてくれる人のことを思って作るもんだと思いますからね。まあそれはともかく、これを読んでたら無性に寿司を食いたくなりました。
Posted by ヘボ・シグペン at 2008年05月12日 19:49


同感です。

それに加えて、 選ばれた人しか買えない、食えないじゃ、いつかローマ帝国ですな。 「グルメ」と言う言葉にはそれがあるので好きになれません。 食べ物は「日常」で、「人の情(心)」でなきゃいけません。
Posted by 魚山人 at 2008年05月12日


<<手前板前:捨て舎利