文銭  

文銭(ぶんせん)

文銭は江戸時代の通貨である「寛永通宝」のことで、江戸庶民に馴染みが深かった。この銅銭は円形で中央に四角形の穴が開いたものだったことから、これに似せて作った料理に文銭という名を使う。

飾り巻きすしの「文銭巻き」の他、中央を四角形に抜いた「文銭きゅうり」「文銭うど」「文銭たけのこ」などがある。「文銭たまご」は茹で卵の中央を四角に抜いたもの。いずれも横から適宜に包丁して文銭模様を見せ、椀種などに使用する。

また、文銭卵には下のようなやり方もある。

文銭卵、又は「黄身返し」、「逆卵」

1 生卵の上部に小さい穴を開ける
2 その穴から身を抜き塩か砂糖で味を
3 黄身と白身を分け黄身だけ穴から戻す
4 大根を長角に切り穴にさしこむ
5 固定させて蒸す
6 大根を抜く
7 抜いた穴に卵白を入れる
8 再び蒸す
9 冷まして殻をむく
10 小口から切って盛る

文銭人参

・長方形に切った人参を茹でる
・白身だけを戻す
・茹でた人参を中央に刺す
・そのまま蒸す

これを切ると芯が赤、周りが白になる。
縁起が良いので祝儀などに。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.