吉原  

吉原(よしわら)

葦原とも表記する。
近年は見られなくなった特殊な切り方。
独活を五~六寸程度に切り、厚く皮を剥いてアク抜きし、それを絹糸で5ミリくらいの細さに切る。 絹糸は親指と人差指に渡して使う。

この切り方を「吉原切り」という。

吉原切りや、さいの目に切った独活を白煮仕立てにしたものが「吉原うど
八寸くらいの長さを意味する。

吉原とは遊郭の吉原のことであり、ここの土手を示したものだとか、葦原を連想させる切り方なので「葦原」と呼ばれていたものが、洒落っ気で吉原に転じたなどと云われる。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.