水菓子  

水菓子(みずがし)

和食の献立上では果物を指す。
古代の日本では、菓子は果物を意味していた為、その名残りである。

ちなみの日本の菓子の祖神は「田道間守」(だじまもり)であり、香菓(かぐのこのみ)[柑橘類の一種]を初めてもたらしたと云う。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.