羽二重  

羽二重(はぶたえ)

羽や絹のように、ふんわり・柔らか・きめ細やかなど、優雅なイメージを持つ調理法や料理・菓子に使われる言葉。

羽二重漉し(ばぶたえごし)

三番漉しよりもさらに細かい漉し方。
「絹漉し」とも言う。
たとえば「しんじょう」などに作り、椀種や口代り等にする。
(羽二重椀、羽二重しんじょう)

羽二重蒸し(はぶたえむし)

卵白、だし汁、豆乳や牛乳などを羽二重漉しにして器に張り、なめらかに蒸し上げる蒸し物。
蒸しあがったら餡をかけ、わさびか生姜を添える。
茶碗蒸しと同じような具を入れてもよい。

羽二重餅(はぶたえもち)

福井県の銘菓でもあり、絹のよう感触が特徴。
質の良いもち粉のみで作る和菓子。
卵白を加える手法もある。
また、「羽二重団子」などもある。


灰あく 灰焼き 梅花卵 盃洗
梅肉 刃打ち 葉掻敷 博多
萩真薯 萩御飯 白扇揚げ
白的 白煮 歯車切り 羽子板切り
箱鮨 挟み揚げ 箸洗い
箸付け 端じ噛み 箸休め 柱蒸し
走り 蓮蒸し 旗本雑炊 ばち
八寸 八杯豆腐 八方出汁
八方面取り 花揚げ 花氷 花生姜
花卵 花弁餅 花巻き蕎麦 花見
跳ね切り 羽二重 蛤鍋 浜焼き
羽盛り ばらずし 針打ち はりはり
針切り 春風干し 春山 半煎り卵
半掛け 半月 半熟卵 半助
礬水 盤台





Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.