七草  

七草(ななくさ)

「七種」とも書く。
邪気を払い万病を防ぐとして、正月明けなどに白粥に入れて食べる「七草粥」の材料である。

春(正月7日の七草粥)
せり、なづな、ごぎょう、はこべら、ほとけの座 すずな、すずしろ この七種で邪気を払う。

春(正月15日の粥)
米、粟、ひえ、そば、小豆、きび、みのごま
(現在はこれに代わる小豆粥が主流)

秋の七草
荻、葛、桔梗、すすき、なでしこ、 おみなえし、ふじばかま (荻と葛以外は食べない)

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.