筑前煮  

筑前煮(ちくぜんに)

鶏と野菜の煎り煮。博多の郷土料理。

炒り鶏」ともいう。

福岡では亀煮(がめ煮)と呼ぶが、これは元々スッポンを材料にしていたからで、今は鶏肉でもがめ煮である。

骨付き鶏のぶつ切りを油で炒め、大根人参、牛蒡、蓮根、里芋、椎茸等を加えさらに炒り、水を加え両味(砂糖、醤油)で煮込む。

また、炒めものに水溶き片栗粉でとろみを付ける料理を筑前煮という場合もある。

棒鱈や小芋などを加えた京都風を「筑前だき」という。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.