ちり  

ちり

「ちり」と名のつく献立には「ちり鍋」と「ちり蒸し」がある。「ちり酢」はポン酢を意味する。たんに「ちり」という場合はちり鍋のことである。

白身魚の薄造りも「ちり作り」ということがある。

魚の切り身を熱湯に入れると縮んで「ちりちり」身が爆ぜるようになる。その様子を表現した料理名と云われる。つまりオノマトペ(擬声語)が変化して料理名となったようなものである。

ちり蒸しは、白身魚や貝を野菜と合わせて昆布を敷いた蒸し鉢にのせて玉酒を注いで蒸し上げたもの。
「徳利蒸し」ということもある。

ちり鍋は、昆布を入れた鍋で煮る。 ともに野菜はアクのないものを選び、豆腐なども加え、ポン酢で食べる。

使う材料によって「たいちり」「たらちり」「ふぐちり(てっちり)」「かきちり」「かにちり」など。複数を合わせて使う場合は「寄せちり」

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.