背越し  

背越し(せごし)

小魚を刺身に造る方法のひとつ。

主にアユに用いるので、「背越し鮎」とも言う。

若い鮎や鮒をヒレ下から切り、箸で内臓を除き、ヒレを落とし5mm厚さで小口切りにする(筒切り)

それを冷水で洗い、身がはぜたら水気を拭き取り、器に盛って酢醤油やたで酢、酢味噌などを添える。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.