真薯  

真薯(しんじょ)

読みでは「しんじょう」とも呼び、書きでは「真丈」「真蒸」「新丈」などとも表記する。

生の海老や白身魚などに薄塩をしておき、それを包丁で叩いて当り鉢でよく当たり、調味をしてつなぎと混ぜ合わせる。つなぎはおろし山芋、卵白、デンプンなどである。

これを丸にとるなどして成形したものを、蒸す、揚げる、茹でる等するものを、真薯と言う。


強肴 塩煎り 塩釜 塩釜焼き
塩辛 塩引き 塩摺り 塩漬け
塩抜き 塩吹き 塩焼き 直煮
地紙 色紙切り 式包丁 鴫焼き
時雨 四条流 下煮 下茹で
七五三盛り 七輪 卓袱鍋 卓袱料理
芝煮 信濃蒸し 篠切り 信田
篠の葉 忍び生姜 忍びてしろ 芝鮨
柴蒸し 島台 縞剥 しめこん
〆蒲鉾 釈迦揚げ 蛇籠 蛇の目
十三夜切り 酒精酢 重曹
酒盗和え 上身 宵夜鍋
定規切り 定切り 醤油豆 上南羹
薯蕷 上用羹 白河 白炊き
白酒焼き 白酢 白蒸し 白煮
白八方 白妙 陣笠
信玄弁当 新五朗 新香 真薯





Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.