薯蕷  

薯蕷(じょうよ)

山芋(ヤマノイモ)を「しょよ」といい、これが転じて「じょうよ」となった。すりおろした山芋を用いて作る料理に薯蕷の名をつける。

料理で最も一般的なのは白身魚の「薯蕷蒸し」であり、和菓子の「薯蕷饅頭」もよく知られるところ。

薯蕷蒸し

1)薄塩をした白身魚の切り身を霜降り

2)蒸し鉢に昆布を敷いて1をのせる

3)鉢ごと蒸す

4)六~七分火が入ったところでトロロをかける

5)蒸しあがったら銀あんをかける

※とろろに泡立て卵白を加えてもよい


強肴 塩煎り 塩釜 塩釜焼き
塩辛 塩引き 塩摺り 塩漬け
塩抜き 塩吹き 塩焼き 直煮
地紙 色紙切り 式包丁 鴫焼き
時雨 四条流 下煮 下茹で
七五三盛り 七輪 卓袱鍋 卓袱料理
芝煮 信濃蒸し 篠切り 信田
篠の葉 忍び生姜 忍びてしろ 芝鮨
柴蒸し 島台 縞剥 しめこん
〆蒲鉾 釈迦揚げ 蛇籠 蛇の目
十三夜切り 酒精酢 重曹
酒盗和え 上身 宵夜鍋
定規切り 定切り 醤油豆 上南羹
薯蕷 上用羹 白河 白炊き
白酒焼き 白酢 白蒸し 白煮
白八方 白妙 陣笠
信玄弁当 新五朗 新香 真薯





Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.