覚弥  

覚弥(かくや)

覚弥は、たくあん(古漬け)を塩抜きして調味したもの。
「隔夜」、「覚也」とも書く。

江戸時代の人岩下覚弥の考案。覚弥は沢庵和尚の弟子であり、沢庵漬けを工夫したものだとも云われる。

覚弥和え(かくやあえ)

酸味の出た古漬けを塩抜きして細く刻み、酒、醤油、針生姜で和えたもの。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.