うねり  

うねり

うねり造り(うねり切り)

包丁技法の一つ。
さざなみ切りよりやや波の間隔が大きい。

うねり串

「踊り串」(海魚)「のぼり串」(川魚)とも言う。
魚を姿焼きにするときの串の打ち方。
頭と尾を立てて泳いでいる姿を表現する。
下身の目の周辺に串を刺し、中骨をくぐらせ尾の下あたりに串を出す。
安定するように添え串をする。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.