埋み火焼き  

埋み火焼き(うずみびやき)・埋(うずみ)

埋(うずみ)とは火鉢や炉の炭火のことである。
灰をかぶせる料理を「埋**」と呼ぶようになった由縁。
豆腐を和紙で包み、熱灰に一日ほど埋めておき、それをみりん醤油で煮た「埋豆腐」が代表。

これとは別に、薄味で煮た豆腐を器に入れ、その上に熱いご飯をのせて、餡や吸地をかけ、おろし生姜を天にのせる料理も「埋豆腐」または「埋飯」という。「埋粥」という献立もある。

また、大分には「埋味噌」なる魚の焼き味噌がある。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.