花一輪へのコメント

昔は、母がよく食用菊をむしって、えのきだけと一緒に湯がきおひたしを作ってくれました。味がどうっだたのかは覚えていませんが、プチプチした食感と、「お花を食べてる」って気分が好きで、好物でした。

菊のお酒、美味しそう。たまには、風流に飲むのもいいですね^@^
Posted by 蝶々 at 2007年09月06日 06:47

>「お花を食べてる」
いかにも蝶々さんらしい微笑ましい感想です(^^)

ところで関東は妙に蒸し暑くなってるみたいでして、九月に入った途端涼しい風が吹き始めたので、「このまま秋か」といったおいらの予想は外れたみたいです(~_~;)
で、この記事も季候にそぐわなくなってしめいました(ーー;)
Posted by 魚山人 at 2007年09月06日 08:47

驚きました。下の方にまで下がっていくと菊理姫が・・・黒吟と共に好きな酒の筆頭です。高価で大変手に入れにくいものです。杜氏さんが「常きげん」の方に移られてから菊姫もどう変化していくのでしょうかね。
Posted by MG at 2007年09月06日 10:08

菊理姫は絶品です。
今回はたまたま菊にひっかけて紹介しましたが、利き酒用だった吟醸酒を「飲む酒」にしたり、重みが消えた鑑評会から撤退したりと頑固一徹としか言いようのない菊姫の姿勢は以前から注目してました。
杜氏は酒の乳母というか親そのものですから、非常に難しい問題だと思いますけど、この蔵元は変わらないんじゃないかって気がします。
外部からは分からない問題があるにせよ・・・・
今後に注目していたいですね。
Posted by 魚山人 at 2007年09月07日

<< 手前板前:花一輪