泡盛とターキー  

菊之露・ワイルドターキー

実を言いますと、おいらはバーボン党です。
といいましても呑むのはターキーだけなんで、党など大袈裟ですが。
ワイルドターキーはキツイ酒ですが、特有の焦臭がある深いコクが、もうなんとも言えませんです。



昔は日本酒もかなり好きでして、各地の地酒などを飲み比べて「ごたく」を並べたりもしたもんです(笑)
しかし、いかんせん日本酒は「甘すぎ」ますね。
どんなに辛口に造ろうと、独特の甘みは消えません。
原料と製造過程からしてこれは避けられません。

板前ってのは知る限りにおいて、日本酒好きが多いんですが、
はたしてどうなんでしょうね、これは。
しかしまあ、嗜好は人によってばらばらですから、何とも言いようがありませんですね。
今はビールと同じく、「最初のコップ一杯だけの酒」そうなってしまいました。

ワインは日本酒と同じ醸造酒ではあるものの、原料などの違いから、「べたつく甘さ」があまりないので、今でも好きです。けど、これも飲みたいと思う酒は高額すぎて呑めない。この点だけはバブル期が懐かしく恨めしい。
モンラッシェが一番好きですが、ご存知のようにロマネコンティは値段の桁が壊れてますよね。何かの間違いじゃねえのかこの数字ってもん。食材Pで紹介してはいますが、買う人がいると考えているんじゃありません。趣味です(笑

それで現在はどんな呑み方してるかっていいますと、
ターキーは外出先や、ちょいと気取った気持ちの日に飲む「気取り酒」、要は酒を飲みたいときに呑む酒。

そして晩酌酒は、ここ10年というもの「泡盛」です。

沖縄では「久米仙」や「残波」などと並ぶ人気商品の
菊の露』ってヤツがお気に入りの泡盛です。

宮古島の泡盛なんですが、品質が大変に良く、それなのに安い。
一番良く売れてる「菊の露ブラウン」なんて沖縄じゃ数百円。


その菊の露は普通30度なんですが、今凄く気に入ってるのが、珍しい40度の5年古酒
こいつがなんと言いますか、もう美味い!
知ってる方も多いでしょうが、プレミア焼酎なんてものは3万前後します。
(製造元がその値段にしてる訳ではない)
しかしこの酒は3千円もしない。十分の一ですわ。
それが、へたしたらプレミアよりも美味いですわ、この酒。

こいつです


宮古の菊の露酒造さん、旨い酒をありがとうございます。
これからも変わらず「良心的なよいお仕事」を続けて下さい。



Posted by 魚山人 at 2008年










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.