節食記 二  

節食記 二

2008年7月
二日目


朝に便がある。
血圧は正常。


筋肉が痩せるのは仕方ないが筋力そのものまでを低下させてはいけない。
近隣の大型公園まで行き、園内を歩いて周回する。1時間と少し。およそ10キロを歩く。靴を脱いで素足で歩いたが地面や芝を踏む感触が想像以上に気持ち良い。雨天以外の日課にすることに決めた。代謝を促し燃焼効果を促進してくれる筈である。
途中軽い目眩。糖不足である。
水筒の生姜湯を飲み黒飴を舐めると治まった。


朝と昼は野菜ジュースだけで済ませる。


夜は蕎麦にする。
手打ちにした蕎麦をストッカー(マイナス50度の冷凍庫)に入れておいたものを使い、精進で作った出汁と寝かしておいた返しを合わせる。トロロをかける。
酒は控える。
尿の回数がおよそ倍になった。



2008年7月
三日目


朝から猛烈な空腹感に襲われるも、ジュースを飲んで収める。
公園周回に出る。


仕事中はマメに生姜湯を飲み、飴を舐める。
肉体労働なのだ。


血圧が僅かに上昇している。
体温も微上昇してるので、体内でよき効果が起きてるらしい。


美味しそうな昼の賄い料理を見て少し心が揺らぐが、無視する。
汗をかいたので塩分補給の為味噌汁だけ飲む。具はネギだけ。


市販の黒飴は砂糖が気になるので、自分で作る。
蜂蜜と奄美の黒糖をベースにとりあえず300個ほど。


夜は豆腐1丁。


三日で体重が約3キロ減。
通常に食べれば一日1キロくらいの量だから当然か。


尿は多い。便意はなし。

 

メタボは必然
節食日記 ①
節食日記 ②
節食日記 ③
節食日記 ④
節食日記 ⑤
節食日記 ⑥
節食日記 ⑦
節食日記 ⑧
節食日記 ⑨










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.