脳に溜まった有害物質  

60~70年代のへドロ

記憶してる人間もだんだん減っていきますなぁ。
あれは何処に消えたんでしょうかねぇ・・



寒くなりましたねぇ
ああ、寒いねぇ
そんな挨拶が交わされる店先で、「腰が次の動きに備えてる」感じの落ち着きの無さが特徴の「魚屋」の連中。中卸で働く人間はどうしても忙しなくなって行きます。当然ボンヤリでは勤まらない仕事ではありますが。

最近すっかり観光名所になった感のある築地市場ですが、一般の買い物客が増えたのはいいんですが、ヒールで場内に入り、横一列に広がってユルユル歩く人等も増加、古参の築地人には眉をひそめる連中が多い。それでも経済効果が高くなった事の方が重要だってんでしょうかねぇ。

けど築地も2012年には豊洲に移転する予定。
移転先は東京ガスの跡地、ゆりかもめなんかもう駅まで作ってる(市場前駅)
ところがこの豊洲新市場の予定地が土壌汚染。地下水まで汚染。(生鮮食品に水は不可欠。魚河岸で大量に使うのは海水を清浄したものや水道水ではありますが、地下水といえど、市場に『水の汚染』は論外ってものでしょう)

それでも知事は「移転する」の一点張り。
「築地市場は不潔・・・」ときた。
石原知事のオツムはどうなってるんでしょうか。
というのは、元々東京都は、移転反対の立場で改修を前提にしてたからです。
あの方は臨海に何か「特別な思い」でもあるんですかな。

何が東京オリンピックメディアセンターなんだか。
時々胸のすくようなセリフで大衆を喜ばせるのは得意ですが、個々の政策はとても「まとも」と言えるシロモンじゃない。理屈にならない「押し」で疑惑はシカト。弁明ができない場面では脳に霧がはってボケたりもする。どうせオリンピック招致は失敗しますので、「公約」の通り辞めて猪瀬さんにでも席を譲ればいい。
猪瀬さんはまだボケるにゃ早いでしょうからね。

都は、汚染の原因はすべて東京ガスの責任だという立場で、汚染除去の費用を負担させる考えの様です。責任の押し付け合いにでもしようってんでしょうかね。それにしてもなんで国の基準の1500倍(発ガン性物質ベンゼン)もの「ドロ」が溜まっているのか。

当たり前ですわな、戦後の東京見てりゃ。あんだけの公害が「どこかに消えてなくなる」なんて事はありえん話です。多摩川に鮎が戻ろうが、汚染が霧消した訳じゃない。食う気にはなりませんね。どこかに凝縮して保存されてるはずです。

その「どこか」はね、大気上層、深海底、そして動物の体内です。
動物でも食物連鎖の頂点に近いほど凝縮が著しくなる理屈です。
マグロもそうですね。でもそのマグロを食べてる動物。
そりゃぁ人間でしょうっての。


Posted by 魚山人 at 2007年










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.