魚板前の時事ニュース寸評  

世相の随想と時事ニュース

手前板前に魚の板前話を書く傍らで、日々発信されるニュースを受けて感じた事などを記録(記録は大ゲサってもんですが 笑)する目的で、別のブログを書いておりました。 なんで板前ブログに書かなかったのかと言えば、内容があまりにも料理と関係ないことばかりだからです。


下らぬ寸評に過ぎず、ツイッターに懐疑的なおいらとしちゃ見せ難い内容ではありますが、「てまえ、板前、男前」は、記事の70%を削除(HPへの移転告知期間もすぎた為)して「スカスカ寂しいブログ」になっちめぇました。そいでブログの中にそのニュース寸評の記事をぶちこんでおく事にしました。世界から到着するニュースに魚山人独自の寸評を加えております。お暇つぶしなどにどうぞ。


 

スポンサーリンク


目高の竹槍、蟷螂の斧

鵜(日本)と鵜飼(米国)

粘くてぬるい北風(2014年暮れ)

「円安バンザイ!」 そのツケは?

世界経済低迷の《解決法》

消費増税と原発再稼働が招くもの

生活保護費不正受給問題の方向性

2年後への手紙・日米安保

消費税増税の正体

投票先・なぜ迷う?!

ビジョンなき憲法論議

選挙後の日本

目高も蟷螂も・・・

選挙の後に残るもの

選挙(投票)の参考に

次の選挙

何に投票すべきか 国民に「選択肢」を与えない政治をぶち壊せ

日本に首相はいらない?!

2012年の経済。消費税やTPPなど

光と翳の日


景気は後退しているのではなく、構造転換している最中である。あるいは「資本主義の壁」に近づいていると考えられる。世界の指針となる米国を見れば、国家財政、雇用環境は悪化しているのに、逆に企業の収益は増加している。これは「ある限界」に近づいている証拠とも言える。
今回の変化はハイテクとWeb技術の進化により、単純労働者だけではなく知的労働者も職を失うという事態を招くだろう・・

冷たい熱帯魚

雲の流れる先をみる

生活保護と吸血鬼


カテゴリ:時事ニュース寸評


亡国と忘却

社会的な大事件が発生すると、評論家などが口を揃えるように「事件の背景を徹底的に究明すべきである」「真相を詳らかにすることで人々はそれを教訓にできる」という趣旨の話をします。

正論だと思いますが、「国土を焼け野原にされた戦争さえも教訓にできず、そして数年前に起きたあり得ない原発事故ですら【教訓にできない国民】に、教訓も何もあるものか」と、心の中の誰かが吐き捨てる声も聞こえたりします。


【淵のへり】・大震災が示すもの

 

3.11を忘却する国へ

 

平成24年のクリスマス


戦争と紛争

音楽の話

その他






Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.