失った食の安全  

「喪失した食」日本と中国

ホームページは当たり障りのない事しか表現できませんので、ある面人任せにしたほうが良いという考えでして、実際そうしてます。で、自分は好き勝手の出来るブログをしてるわけですけども、「好き勝手」っていうのは、かなり継続が難しいものだって最近感じますねぇ。いつの間にか保守的になってたりします。久々に鹹い事でも書きますか。


大きな食品販売店へ行きますと、とても数え切れない程膨大な食料品の山、その彩りに圧倒されます。しかしね、おいらはその前で悲しい気分になります。
見てくれの良さと甘さを念頭に置いて、品種改良を続けて来た果物や野菜。整然と同じ形で、きれいに整列できている背後に【農薬】の存在を感じます。米や農産物全般も同じ。
人工的な、締まりの無い、おまけに妙な香りのする「脂がたっぷり乗った」肉や魚。油を塗ったくったような大トロや中トロ。板前から見たら気色の悪くなるマグロの赤身。病的な牛のサシ。薬品臭のするブロイラー。工場で人工乾燥させる「干もの」
要するにここにある何万何十万って食べ物の中に「まとも」な物が皆無に近いって事が悲しんです。
味噌に塩、砂糖、醤油、油、味醂、酢だって例外ではありません。
整然と並んだ「人工的な美」、それを美しく高級に感ずる感性。

そして外食では、まっとうな板前ならば、絶対に口に入れる事は無い、真っ白い色した「エンガワ」と称するモノの人気ぶりに茫然。
保証できますね。壊れているのはおいら達の舌ではなく、人気ぶりのほうだと。
こうなった背景は簡単な事で、砂糖や塩が辿った歴史を100年ばかり遡って調べたら、すぐにお分かりいただけるでしょう。
結論から言えば、「日本経済の発展」、全てはここに収斂するんだと思います。日本が高度経済成長を果たした代償でしょうね。

ここ20年来続く「グルメブーム」は、失くしてしまった食への【懐古趣味】、皮肉っぽいかもしれませんが、おいらはそう捉えています。
グルメブームそのものは、料理人としては言うべきではないかもですが、好きではありません。結局、本当に美味い物は、金持ちしか食べれないという事実を証明して行くだけが本質だからです。

例えば誰も知らない滋味の深い食べ物が田舎に埋もれているとしましょう、発見されたとして、それは結局大衆のものにはならず、値段がつり上がっていく運命です。それがグルメブームの姿。もう一つの道は、企業が大量販売に乗り出し、その味を均一にする技術を確立する事。その均一化された味はもう本来の滋味とは別物になっているでしょう。

ですが、長く続くグルメブームも、無駄ではなかった思うところもあります。
日本経済に一定の貢献をしてきた、反面、日本人の健康と舌を破壊してきた「食塩」の専売が終わり、自然塩をやっと取り戻しつつある事。
20年前に比べれば明らかに砂糖水みたいな「飲み物」を好まない人が増えている事。食材に関心を持つ人が増えた事。

そうは言いましても、巨大な食品売り場のフロアで、おいらは失くした物の大きさに呆然と立ち尽くしてしまいます。
減塩が良いとなると、酢に漬けたすっぱい梅干だらけになって本物の梅干が見当たらなくなってしまう現状をどうすりゃいいのか。噴出を続ける日本企業のモラルハザード。氷山の一角の確信。

 


仮にね、おいらが自分の思うような食材を自給できるとします。
世の中の食品は「人工」から逃げられないんでしょうがねぇ、自分で調達するってわけです。太陽の光。清い空気。これはなんとかなるでしょう。けどもね、一番肝心な「汚れのない土」と「汚れてない水」と「汚染のない海」、これをどうしたらいいんです?タイムマシンで過去に戻る以外にないですな。非現実的って事です。

そんな事にはなりはしませんが、もし万が一日本国内で食材の「人工汚染」がきれいに解消したとしましょう。そしたら中国の問題が浮上します。
あの国はね、日本が何十年も前にやらかした同じ轍を今踏もうとしてるんです。天然の滋味の深い、しかも体にも良い「岩塩」を、人工的に作った「薬品」みたいな不味い「食塩」で追い払おうとしているんですよ。
背景には当然経済効率優先があります。一事が万事その調子で、「本当に良い物」を消し去ろうとしています。整然と並んだ「人工的な美」を踏襲しようとしてるんですわ。

昨今日本で中国の食品管理のずさんさが問題になったりもしてます。
笑っちまいますね。
ではこの国の食品は「まとも」だと言いたいんですかな?
そもそも中国製品が消えたら、日本のスーパーは、いや全ての商売がです、翌日から営業できないってご存知なんでしょうか。

この国が経済成長の真っ盛り、東京湾は「ドブの悪臭」がしてました。
その道を辿ろうとしてる国を「批判するだけ」の姿は利己的ってモンです。

そして中国がある程度成長を果たしたら、今度は中国自身が、ベトナムやタイといった国から同じ問題を突きつけられるでしょう。同じ道を辿れば同じ苦しみを味わうって事になります。

自分の国が自動車だらけなのに、中国や他の国の国民に、「自動車に乗るな、空気が汚染するから」って言えんでしょう。食品もこれと同じ構造です。

チェルノブイリの食品汚染が例でして、ひとつの国で「自己完結」するなんざ現代ではありえないって事実。環境に国境は無いからですね。
本来は当たり前なはずの「まとも」な食べ物。

それを手にしようと思ったら、膨大な手間とコストがかかる現状。
それならまだしも、入手不可能なモンが多すぎる。
どうしてこうなっちまったのか。
あまりにも異常すぎないか、それともこれが「世の中」ってやつなのか。
それなら「板前」って仕事に意味があるんだろうか。

年々不味くなっている魚をみながら、
「あと何年魚を捌くモチベを維持できるのだろう」
などと考え込んでしまいます。
「潮時」ってのは意外と早く訪れるのかもしれません。

おいらは「沖縄の食」にかなり昔から注目してました。
グルメブームの悪しき風に良く耐えて、郷土食の伝統を守り続けてるからです。沖縄の若い世代には、「タコス」だの「ビーフステーキ」が新たな郷土料理になってたりと、少し悲しい現実はあるにせよ、伝統料理がそれで駆逐されたわけではありません。なにかのヒントがあるとしたら、沖縄料理にあるのではないかと考えています。ただし「昔の」です。


Posted by 魚山人 at 2007年

この記事へのコメント










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.