板前が想う「食の安全」  

食の安全

食品業界の不祥事が続きますなぁ。おいらがブログ開始して1年チョイですが、その間にも、もう記憶出来ないくらい多くの問題が露見してます。
あれやこれやって感じ。

それで今回の菓子騒動ですが、
「吉兆」という名は、一般の方には理解できないくらい和食板前にゃ重いですよ。そのグループのひとつにすぎないとはいえ、暖簾に吉兆の名前が入った会社ですね今回の騒動は。誰でもそうですが、おいらも若い時代には尊敬してましたよ「吉兆」の素晴らしい仕事を。企業化があまりにも進み過ぎたなぁ、そんな感があります。

大企業ってのは、グループのひとつが不始末をしても、親企業は何事もなかった様な顔するのが慣例というか普通の事ですが、吉兆のカンバンのデカさはある種特別でして、和食業界全体を代表してる部分もあり、果たして波紋はどうなのか、推移を見たいですな。
「まさかあの吉兆が・・」という感想を持たれる方が多いでしょう。それが「あそこすらそうなら、じゃあ他のお店はどうなの?」って事になるからですわ。

昔から日本料理のある部分に懐疑的な気持ちがありまして、それを書いてる訳です。特に砂糖の使い方に非常に疑問を持ってます。それに関連した騒ぎの様な気がするんです。

「何で大騒ぎになってるんだろう」業界の一部の人間の感性はこのくらいのセンスかも知れないですね。裏返せば「日常」なんですよ、あんな事は。どこでも多少やってるでしょうし、悪いことしてる意識はおそらく無い。

ある意味当然じゃないですか?
企業だもの。売る物は「商品」ですよ。利益出す為に砂糖まみれにして日持ちをよくして何が悪い?期限過ぎても悪くならないし安全なんだようちの「商品」は。
これが現状でしょうな。

商品、商品で「食べ物」って意識が飛んでますね、どこかに。

歯科大学の研究によればね、若い層に「苦い物嫌い」が増えているそうです。つまり甘い物好きって事。物心が付く時分に親が甘い物を与えるのが原因らしい。せっかく一時期「甘嫌い 渋い食べ物好き」の様子だったのに、いつの間にかまた60~70年代に逆戻りですわ。「塩ブーム」も終わり。何が「ブーム」なんだか。
もう麻痺した日本人の舌は元に戻らないな、ついでにモラルも戻らない。そんな感じがします。なにやら厭世観がますます強まる昨今です。

この種の話を書くときにおいらが想うのはね、現場で働く人達の気の毒さなんですよ。極論ですが、企業というのは現場の人間をロボットだと考えてます。あるいは機械に置換えれるものならそうしたい。それが経営側の本音です。まだまだ機械には人間の真似が出来ないからそれは無理です。それであらゆる屁理屈をこねて現場を締めてくるんですな。がんじがらめって感じで。そうなると品質などに拘る従業員は邪魔にしかならない。効率が一番大切って空気になり、意識までが機械化しちゃう。

今まさしく食品業界もそうなってますね。

効率化を追求すれば「穴」ができます。人間ですからね。
その「穴」が頻繁に噴出する「食の安全問題」って訳です。
早い話がハッパをかけられすぎなんですよ最近の現場は。実際の現場作業を知らない、あるいは現場あがりでよく知っていても苦労を忘れてる、そんな経営側に効率ばかりをあおられるモノ作り達。「こだわり」も「ほこり」も無くなるし、ついでに「品質」と「安全」もなくなるってことです。

あるチェーンで店長として働いてる板前仲間がいますが、そいつは一日15時間くらい拘束されてヘトヘトです。労働条件の悪さに従業員が居つかなくて、職人もホールスタッフもいつも不足。それでも週末は満席になりますから、もう大変。人手不足の無理で、お客さんへの対応も悪くなるし、料理の質まで落ちる一方。そんなのはじきに客数が減るに決まってます。それでも会社上層部は分からんのですな、現場の大事さを。
ただ売り上げの数字のみを気にするだけです。何故売り上げが減るのか本質的な部分に気づかない、又は気づいても見ないふりするんですよ。
それはね、従業員がロボットであって欲しいって願望と、生きてる人間を混同する妄想が始まってるからなんです。現場サイドをもう人間として見てないんですよ、そんな連中ってのは。
これに執り付かれた経営側が増えた会社は、いつか必ず傾きます。
とは言え、そんなのばかりがやたら増えてるご時勢ではありますねえ。

 

挽かれてるのは「肉」なのか?

ひき肉騒動。
あきれて笑ってしめいましたが、現実社会の暗渠の深さに想いがいたり、笑いはすぐに鬱な思索へと変わりました。尊厳の無い食品会社。そこからの告発に対応しなかった役所。モラルって言葉を出す前に、利益優先社会の底知れない根っこの深さを思わずにはいられません。

「真面目にやってる所まで同じ目で見られる」 危惧

「氷山の一角」 拭いきれない疑念

誰にとってもマイナスにしかならない嫌な話です。

最近テレビを観ていますと、憂鬱になる話題ばかりで暫らく見ていませんでした。ちょいとニュースをつけてみますとこの話題。

下の絵。
肉がミンチになってるんじゃなく、何か「大切なもの」が粉々に挽かれてる。
おいらの目からはそんなふうにも見えたりします。




Posted by 魚山人 at 2008年










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.