鯨の刺身からみた日本のゆくえへのコメント

ご無沙汰してます

鯨肉ですか~ 懐かしいですね
小さい時は嫌いでしたが、高校生の頃から
食べられるようになり、大学の時は仕送り前で
金がなくなると 近くの定食屋で鯨テキ(鯨のステーキ)定食が
安かったんで いつも そればっかり食べてました。
その定食屋は 元々安かったんですが 鯨テキ定食が390円だったように
記憶してます。あの当時 銭湯が100円ぐらいでしたからね ・・・
こんな事を書くと 歳がバレちゃいますね(笑)

我国の食文化に他国から 文句を言われたくないですね・・
日本の官僚も 毅然とした態度で日本の食文化を守る姿勢を
見せてもらいたいもんです。

今年も残暑が厳しく、魚山人さんの体調は如何でしょうか?
ご自愛のほどを。

                     下手くそ釣師のトミー

Posted by トミー at 2008年09月07日 23:15

トミーさんどうもありがとうごさいます。
関東は妙な空模様が続いてますなー。暑いですし。
鯨テキ!懐かしい言葉です(今もあるにはありますが)

今は日本人は口が贅沢になったっていう事なんでしょう。
クジラ肉は万が一の備蓄食にうってつけなんですが、その万が一も、まぁ永遠に起きないってことでしょうかねぇ。

官僚に毅然とした態度を・・・夢物語ですわ(笑)

Posted by 魚山人 at 2008年09月07日 23:53

ご無沙汰しています♪

数ヶ月前、くじらのベーコンを購入しましたが、以前に比べて塩気が少なくてとても食べられませんでした・・・
生臭すぎて・・・・。
炙ればよかったのか~~!

自分の記憶の味がおかしかったのか、それとも減塩ブームのせいなのか・・・

・・・う~ん。
Posted by incident at 2008年09月08日 12:28

お久し振りですねぇ(^^)

ベーコンはね、製造業者がけっこう多いんですよ。
旨いのもあるが逆もあります。
つまりピンからキリまであるって感じでして。
ギンギンに着色して添加剤まみれの奴とかもあるし・・・
(多少は絶対にありますが)

仰る通り今はキツイ塩蔵品は人気がありませんからねぇ。

Posted by 魚山人 at 2008年09月08日 15:18

金があるから偉いちゅう不幸なる軛から
解放される可能性はありません

ただひとつだけ可能性をあげておきまする
それは自衛隊を大きく増強すること

鋭くご指摘の通り
日本の真性の潜在的仇敵は米国でする
意味の分からぬ方は太平洋戦争以前の50年歴史を探査すべし

実際に日本と戦いこれを怜悧に徹底的に
叩き潰せる冷たさを持ち合わせておりますのは
世界であの国くらいならば
これは戦後今日までの世界史を検証されたく

従いまして中国と朝鮮半島あるいはロスケへの備えのフリしつつ
実は米軍と戦える程度の軍隊を作るべし
いんにゃ絶対創らなければならぬ

世界のブロック化が一段落しまするとね
あの国は必ず戦争の種を蒔きはじめます

最終的に敵は中国ブロックではなしに
米軍ちゅーことになります
まるでおんなしでするね第二次大戦と
歴史はくりかえす

そして・・・・・

今度もまた負けます
国土をメチャメチャにされます

世界の果ての島国ですからして
情け容赦なく核攻撃してくるからです


つまり
国体崩壊だけが可能性なのです



こんな事をばね
ホントーに真剣ドタマで考えてるえらいさんがおるかも。。。
アレとかコレとか。。狂っちょるちゅーかなんちゅーか



ちゅか
んな事よしかー。。。。。。。。。。。。。。。。。
お願い大将ワシの事はいいから少しゆっくりと休んでください。。ね。。
こっちの方が心配してしまうけん

Posted by まるこ at 2008年09月07日 10:17

つまり滅ぶしかないと・・・
相変わらずの斬り方ですなぁ。
なんでそんな様な事をブログに書いてくれんのか・・・(^_^;)
やめないでほしかったですブログ_(._.)_

でも心配させてすみませんでした。
ありがとうございました。

Posted by 魚山人 at 2008年09月08日 06:20

こんにちは。
栗なんてところから飛んできました。

簡単なことしか書けませんが、古来生活のためでもあり
日本人は資源を大事にしてきました。
「捨てる」風習は近来の飽食により生じたものです。
某米ちゅう国は苦難の末建国したにも拘わらず、マグロでも鯨でも
要る部分以外ぽいぽいほかしてましたね(ノ-_-)ノ ~┻━┻

命が平等にあるという綺麗ごとは申しませんが、戴いた命は
徹底的に残さず有効に利用する、っちゅうのが肝心だと
うちゃ思うのです。
政治的な配慮があり、声高に発言できない日本政府が悲しい。

お粗末さまでしたm(__)m
Posted by ころぽて at 2008年09月09日 14:15

こんばんは。
ポイポイなんでもほかしますが、要るもんは異様なほどの独占欲ですぐに寡占状態にしたがる貪欲さの方が目に付きますな。苦難の建国って表現も教科書すぎってもんですよ。「ぶんだくり泥棒建国」が正しいでしょう。
しかしそんな国を右ならえで真似して憧れ続け、目標にしてるドコヤラの国ってのはいってぃ何事なのか・・・そこが悲しいです。

Posted by 魚山人 at 2008年09月09日 22:44

「日本は、肉だけでなくクジラを無駄なく利用している」というのは古来からの沿岸捕鯨にはあてはまるかもしませんが、あくまで商業目的の遠洋捕鯨には当てはまりませんよ。現在日本が行っている南極海での調査捕鯨においても、副産物として売れる部位の肉と内臓の一部を切り取ってあとは海上投棄しているのだから、1800年代のアメリカを非難する立場にはないでしょう。

捕鯨推進論者の方たちの意見を読むと、まるで判で押したように「乱獲は油目的の欧米の仕業だった、日本は鯨を無駄にせず乱獲もしない」という神話を信じているようですね。ほんの少し調べればこれが間違いであることは分かることなのですが、一体みなさんはこの神話をどこで信じ込まされたのでしょうか?とても疑問に思います。

Posted by 通りすがり at 2008年09月28日 00:00

仰る通りで非難するべき資格はないと思います。
ここには書いていませんが一部調査捕鯨員の所業はひどいものですしね。
鯨を懸命に売ろうとしてますが、あの高価格は問題外ってものだし。

しかし欧米はまったく非難されない行動をしてきたのでしょうか?
つぶさに歴史を考えてみてください。

それと、文脈からご理解して頂くほかにありませんけども、
これは捕鯨推進を願う記事ではございません。

Posted by 魚山人 at 2008年09月28日 08:19

お返事ありがとうございます。

私が言いたいのは、欧米が過去に非難される行動をやってたからといって、今の日本が非難される行動をしている状況を正当化するべき
ではないということです。そういう反論をしていては、温暖化など環境汚染防止を推進する日本やその他の先進国に対して「お前らも環境破壊したくせに偉そうなことを言われる筋合いはない」と、聞く耳を持たない中国などと同じレベルでしょう。

Posted by 通りすがり at 2008年09月28日 21:48

同じレベルです。


基本的には同意見ですよ(^_^)
コメントを寄せてくださいましてありがとうございました。

Posted by 魚山人 at 2008年09月28日 22:59

間違った形でかつ逆手に取った形で、「輪」や「和」の
形作りを「押し」進めていった輩達が居たが為に、幾万
もの命が無駄に失われた時代が有った。
その反動によって、翁様が嘆く現代日本が形成されて行って
しまった、そう勝手に考えている私がいます。
日本文化の形成工程自体を「バランスコロジー」などと形容
する人を知っていたりもします。

鯨問題から外れてしまった、ただ垂れ流すだけのコメントで
申し訳ありません。

Posted by 別の通りすがり at 2008年10月14日 00:44

こんにちは。

バランスの優れた国家ならば、何故胸を張れる若者がいなくなり、下卑た大人ばかりの社会になるのか訊きたいですな。

「雰囲気」だけに流され「臭いものにはフタ」

子供から大人まで芸能番組ばかりを観て喜んでいればこうなるんでしょうなぁ。

Posted by 魚山人 at 2008年10月14日 16:28

Aというイデオロギー路線が駄目になったから、正反対にある
Bという現実主義路線へ一気にシフトチェンジ。
Bという現実主義路線が機能不全に陥ったから、対極にある
Cというイデオロギー路線に大きく方向転換。
これが「バランス『コロ』ジー」の意味です。国家と言わず日本
民族そのものがバランス感覚に優れている訳では決して
無く、むしろその逆ではないかと思います。

鯨問題を本当に明後日の方向へ追いやってしまって申し訳
有りません。

Posted by 別の通りすがり at 2008年10月15日 00:36

なるほど。

極端から極端に傾き、程よい位置に落ち着かない。

どこが「ほどよい位置」なのかは非常に難しい話になりますけども。

こちらこそ意味をはき違えてしまいまして申し訳ありませんでした。
Posted by 魚山人 at 2008年10月15日 07:26

大阪のくじら料理で有名な「むらさき」に伺いました。
とてもおいしかったです。恥ずかしいけれでも
くじら料理のバリエーションに驚き,新鮮でした。
同時に日本の食文化の己の不勉強を恥じ入りました。

ただ,もっと人々の舌の上に乗るべき食材であっても
良いと痛感しました。

学校給食でクジラを食べた世代ですけども。

Posted by 愛読者 at 2008年10月17日 03:11

そうですか、「むらさき」においでになりましたか。名店ですな。
鯨は古来から余す箇所なく利用されていたようです。骨から内臓、ヒゲにいたるまで独特の使われ方があります。学校給食では竜田揚げが多かったですね。懐かしいです。もうじき鍋の季節ですけども、「はりはり鍋」もたまにはいいかもしれませんね。

Posted by 魚山人 at 2008年10月17日 07:33

前略、、、このようなところにて所見は遺憾ながら。。。

ご依頼の件、、未だ逡巡の衒いに候、、、

もうすこぉし考えさてね
だってアレはそんな価値のあるブログじゃ御座らぬし。。


ワシが日本を出たのはね、、、
一言じゃゆえまへんとても。。
ほでも最大の理由をば書いておきまする。。。
この記事だから書いておきたいの。。

良いところ
ワシが生まれた祖国であるところ

悪い所
他人の努力を正当に評価せんところ


この悪い所ちゅうのんは、、もう最悪
例を出すまでもないでやんしょ、、
上から下までみ~んなが搾取ドタマぶら下げてるけん

たしかにアメリカの搾取構造って半端じゃないよ
でもねなんで日本企業じゃなしに
みんなGoogle とかAmazonで働きたいか分かる?

嫉妬の構造よりも成果を重視するからなの。。

周囲から少し逸脱すればすぐバカなイヂメの対象
小さい搾取は日本のが絶対上だね
正当な成果を捻じ曲げるの得意だモン
だまされている人がどれだけいるやら。。。。

クダラナイ物には何兆円でも出すけどぉ、、、
ヒトに対しては金払い悪すぎちゃうんか

人を「個人」「大人」として見れない子供の国

ほめる気はないけどGoogleの金払いに良さに脱帽してもいいよ

日本系Y〇〇とか〇天なんかと比べても
ギンコとかセイホとかカブヤとか、、、
モチど腐れ濃ー矛無印に比べてもね。。

頭がひとつ抜けたらよってたかって袋叩き
これじゃ「出る釘」はみんな打たれるだけ


ネチネチした人間関係で消耗する時間は人生の無駄
そんなヒマを別の用途にあてれる
それだけでも海外が良いの。。。


ワシ高校の時からアメリカの暗黒面を調べとったでしょ
地球上で最悪のギャング国家だよホンット。。。
でも日本より住み易いのはいったい何故なのかしら


日本をば愛してるけど
クサレたちは絶対に愛せないのワシ
言い訳にきこえるカモだけど、、、、
税金を払いたくないない訳じゃないの
でも税金を腐れコーム淫達に預けるのは鳥肌が立つくらい嫌
どうして信用できるちゅーのアンナモン


ブログの件はまた今度メールでもしときます
今すぐどうこうって話でもなさそうですし。。
父ちゃんの頼みを断れん事を知ってるくせしてからに、、、
あんまし無茶いわないでね^^。。。。。。。


以前我がブログ記事に書いた悲惨なヒサンな未来が現実になりそうな世界経済ならびに日本経済の雲行きに眉を顰める日々から
マル子之介より

Posted by マル子 at 2008年10月28日 04:55

いいや、マルちゃんが捨てるならおいらが拾います。
どうあっても良い返事をしていただきますよ(^_^)
あのブログがなきゃおいらはPC意欲がゼロになりますので責任をとってもらいます。

Posted by 魚山人 at 2008年10月29日 15:30

おひさしぶりです、魚山人さん。

このまま、おとなしくしているつもりでしたが、どうしても気になるコメントがあるので書きこむことにしました。

魚山人さんはマル子さんのことを、とても敬愛されているのでしょうね。
文面からわかりますよ。

僕にはお二人の絆がどれほどのものかは解りません。
また、マル子さんの悩みについても、具体的なことは何も知りません。
ですが、イジメの陰湿さについては、よく分かりますよ。
僕も経験がありますから。

対処としては相手にしないのが一番いいのですが、そんな訳にいかないのも現実だろうと思います。

僕のように鈍感ならばともかく、深い洞察力と感受性を持ち合わせている方なら、きっと深く傷ついているのではないでしょうか。
そんなときに新しい環境で新しい生活を始めるのは、賢明な方法ですよ、きっと。

鋭い言葉は時に、自らを傷つける諸刃の剣にもなります。

そっと、待っていてあげることはできませんか?

マル子さんのことを愛している魚山人さんの存在は、時間と空間を隔てていても失われてしまうものではないように思えますから。

余計な事とは知りつつコメントしました。


マル子さんへ

いつか故郷である日本にも帰ってきてください。
島国根性に凝り固まったこの国にも、愛すべきものはたくさんありますよ。
きっと、分かっておられるのでしょうけど、忘れ去ってしまわないでくださいね。

そのことがいつか、あなたの道標になることを願っています。


Posted by 板金職人 at 2008年11月08日 22:07

こんにちは板金さん。

PCキーボードに触れた事も無いおいらに、「ブログはWEBデザイナーではなく人間が書くもの」とか言って、強引に板前ブログを開設させたのはマル子さんです。
以来、文章構造、背後のスピリッツだけではなく文体までもマル子ブログの真似をしながら書いてきました。その影響力は絶大なんですよ。多くの人に読んでもらいたいブログでした。

因みにマル子さんは合気道の高段者でもあり、抜群の身体能力を持ってますし、実戦も百戦錬磨だとご両親や友人から聞き及んでおります。少なくともイジメに関しては広範囲に解釈するべきかも知れませんね(笑)
おいらが今までに見た事もないような秀麗な大和撫子ですから、周囲の嫉妬羨望は想像にかたくありませんが。(勝手なことを書いてると怒られそうです(~_~;)


Posted by 魚山人 at 2008年11月09日 08:29

も~~~ヲ

~~~~~~~ぅ~~~   お

いいかげんに更新してよね。。。


なんかワシのせいみたいでしょー  

ホッンっっっっっ  っと~に               
 
            頑固 
                 なんだから。。。。笑


分かったけん、、、 あのブログはあげます。。好きにすればよか。。

ほでさ、、、「実戦」って・・・あのねお父っツぁん。。。
凶暴ヲんなみたいでしょうそいじゃワシ



上のコメの方、、、、、、、、 お気遣いありがとうございます。。。



Posted by マルりん子 at 2008年11月17日 10:25

いや・・嬉しいですが(汗

しかし更新は違いますよ(~_~;)
たんに筆が全然走らない、つまりスランプなんです(ーー;)

まぁそうのうちに・・・(^^;
Posted by 魚山人 at 2008年11月17日 18:07

<< 手前板前:鯨の刺身からみた日本のゆくえ