銀座の次郎へのコメント

東京の銀座にあたるのが大阪の北新地でしょう。知り合いが、夜中酔っぱらって新地をほっつき歩いていたら、猫を捕って喰う巨大ネズミを目撃して一気に酔いが醒めたって話をしていました。「あれは酔っぱらってみた幻覚だと信じたい」と真顔で言っていました。

暴飲がたたり、三週間の入院生活を経験しました。入院中の養生のおかげか体重が6キロ落ちて、いわゆる「標準体重」という奴で落ち着いています。酒も断っていますが、驚くほど体調が良くなって快適な生活を送っています。

なるほど、今までなんだかんだと健康だとか食生活だとか考えていたつもりでしたが、結局オレも「次郎」の類だったのか、と苦笑した次第です。

HP作成というのはホント面倒な作業らしいですね。大変かと思いますが、楽しみにしています。それでは。
Posted by 下田部魯山人 at 2008年10月25日 09:55

お疲れ様ッス


なんだネェ
相変わらずのいい話
心救われますよ 爺

自称『偏屈』な爺が言うんだから 親父サンゎよっぽど偏屈だったんでしょう 笑


俺が思うに ただ人間的に無器用なだけで こんなにもストレートな人様が少なくなったから 偏屈 に感じるんだろね 本来なら爺や爺の親父サンのような方々が
『真の大人』を育んでいくんだと思いますよ

『古きよき時代』
な-んて言い回しゎさ
世代によって どの時代を指すのかわからネェ

俺ら世代なら 小中学生の頃か…昭和50年代になるかなぁ

大人達ゎ働けば働いただけ稼げてさ でも思い出せばお袋や婆チャンが ちゃんと見ててくれた そして活気!

今の子供達が大人になり
俺らや 爺の歳になった時
古きよき時代ってやつゎ
いったい何を…いつを…
指すんだろう

不景気で残業も出来ない
父親よりも塾通いで帰宅ゎ遅く 学校から帰れば 母親ゎ仕事で留守 爺婆なんて
計算のつく小遣い口に過ぎネェ…

そんな馬鹿げた連中に
住宅ローンの控除額を500万まで上げる予定??!笑わせんジャネェっての!
『肥えた』なんてもんジャネェよ 『肥溜め』だな ウジがわいてらぁ ヘッ!†


明日ゎ5時起床で朝っぱらから草野球の試合
終わったらトンボ掛けゎ勘弁してもらい息子の少年野球に合流 シャワー浴びたら仕事行きます!

また爺のせいで寝不足†
クソッ†


爺の おめがねにゎ到底 程遠い鯔次郎†ッスが 生きてんぜ-♪こんな調理師もいるんだね世の中残念ながら

給料袋開けずに 大蔵大臣に渡し 小遣いなんて 既に死語
たまにゃ
ぱぁ-っと呑みてぇッスよ 笑

【銀座の次郎】
ここだけの話…
タイトル見たとき
『数寄屋橋の左利き』かと思ったぜ 笑


たいして変わりネェけどさ†
HPをちゃんと見れるようにパソ買って貰うよう大蔵大臣にコビ売りますが
まだまだ先になりそう…

来年度 長男坊が中学に上がるし金かかる-
Posted by 鯔次郎† at 2008年10月26日 01:35


お疲れ様です。良い親方さんですね。いつの時代もどの時代も、己との戦い、負けても得る事を知り、勝っても慢り高ぶらず、肥える ならば 肥やし に。自分はそう思います    理想って 最も完全なものとして 人が心に描き求めるって辞書に書いてあります 理想と現実の狭間で目眩が起きることもございますが 理想をもつことは人間にとって今の自分の位置が分かります そんなとき 俺は次郎じゃねぇって 気持ちが大切になってくるんでしょうか      若いときは永遠に生きていられるって錯覚したもんです。 自分はまだ三十そこそこですが 今を無駄にしないで精進あるのみと。今回もまた素晴らしい記事です(^-^) 調理器具や包丁のページを拝見しました。とても見やすいですよ!魚山人さんの事です いずれ思い描くHPが目の前に広がる事でしょう(^-^)ちなみにあの鏡面の鮪包丁は格好良いしシビれますね 拘って作ったものは 職人魂が伝わってきますね
Posted by たいら at 2008年10月26日 02:36

皆さん仕事でお疲れのところコメントを寄せて頂きまして、いつも有難う御座います。


下田部さん。
北新地ですか。もしかしたら日本全土がそうなのかも知れませんね。何も考えないより、考えようとする姿勢は大事だと思います。




鯔次郎さん。
たしかに微妙なタイトルだねぇ(笑
まぁ内容は名人とは全然関係ないし、いいでしょう。
鯔様に反抗する気はこれっぱもねぇんですが、おいらは 『古きよき時代』という言葉が好きではありません。「そんな時代はねぇ」そう思っているからです。いつでも同じですよ。



たいらさん。
きょうび貴方と同じくらいの年齢でガキみたいにフラフラしてる連中が多いですよ。あなたの姿勢は立派です。たとえ迷いが生じたとしてもね、「ドコで何をやっても結局は同じ」って事を忘れない様にして下さい。

「隣の芝生は青く見えるが、隣を見る前に自分をよく見やがれ」おいらが若いのによく言う言葉です。


Posted by 魚山人 at 2008年10月26日 08:32

<< 手前板前:銀座の次郎