〈食い違い〉の日本人はBSEの牛へのコメント

至言というべきでしょう。これほど、「豊か」な社会の中で、間違った食によって死する人々の何と多いことか。これは、文明や科学によって「殺された」といっても良いと思っています。

また、「ほ乳類は食べるべきではない」という議論も、八割方は賛成できます。僕は、「鳥類もヤメといた方が良い」という見解ですので(笑)。

魚類を中心とした食生活に変更してから、これまで大好きだった肉類・ホルモンの類が、苦痛に感じられるようになってきたのです。牛・豚のみならず、鳥モツであってもです。唯一、ミンククジラの生の刺身だけは、いくら食べても止められません(笑)。グリーンピースあたりにいつか殺されるのかもしれませんがね(笑)。

「三里四方のモノを食えば病気になることはない」てな議論があります。要するに、日本人は日本人の伝統に即した食い物を食っていれば良いのです。ムリしてなんちゃらキュイジーヌとか珍重する必要はないのです(笑)。

ま、こんな事いってても、世間の風潮は変わらないのかもしれませんけどね…(苦笑)。

Posted by 下田部魯山人 at 2008年07月09日 15:18

そこまではちょっとね・・・
人はそれぞれ。嗜好はなおさら。考えも色々。

自分で書いておきながらナンですが・・・
各人各様お好きな様に生き、好きな食事をするしかない。

洋食を否定してる訳ではありません。
提起してると言うか、ウンザリしてるのは
「世のあり方」です。

文責は確かにおいらにありますが、自分の考えを人様に押し付ける気持ちはサラサラございません。人は自分の人生を生きるしかないですからね。

Posted by 魚山人 at 2008年07月09日 22:51

あら
blog再開してんじゃん†

魚山人サンの
いけずぅ(;^ ^)σ笑


そうでしたか…
どうも思い立ったら止まらネェ性格の持ち主サンなんですね

この記事
俺ゎ地でいってます

勿論 そのナンタラタリアンでゎなく-肉(特に四つ足肉)を
ほとんど喰わないんっすよ実家ゎ焼肉屋なのに~笑


BIRDゎ好き!胸肉が!

最近
商店街が街から消滅する傍ら 大資本の惣菜屋なるものを よく見かけるようになりました

表向きゎ『和風』だったり最近の健康BOOMに乗っかったHEALTHYメニューだったり(~-~;)

ありゃ俺に言わせりゃ
成人病の計り売り


終わってみりゃ消費者が
馬鹿だった…ってな具合なんだろね


今月ゎ親父の一周忌†
インスタントラーメン
牛肉の脂にスジ(ゼラチン)
メンチに揚げ物全般が好物でした

そりゃ消化器系の癌を患っても仕方ネェ(;-_-+


俺ゎといえば
沢の芹や三ツ葉を生食し蕗の薹なんてのゎ味噌付けてカジッちゃうほどの嗜好

3年前の血液検査ジャ-
善玉コレステロールが計測不能

医者に『普段何喰ってんだ?』って言われました 笑

ただ仕事先の賄いが…
(肉)アリ(pω・。)
そりゃ残さず食べますょ†

に←これに関してゎ
辞める気がサラサラないんでね笑

←勿論!仕事先でゎ
吸いません。

魚山人サンこそ
お体お大事に

若くネェんでしょ 笑

Posted by SILENT† at 2008年07月10日 01:29

一つの記事に、2度書き込みするというのは避けていたのですが、改めて記事を読んでみて、思うところが有ったので書きます。別に、表示されなくても結構です。

朝・昼・晩の3食をとるというのは、実は明治以降。江戸時代は朝餉・夕餉の2食だった。そして、縄文時代にさかのぼれば、メシにありつける日、ありつけない日、というレベルだった。だって、狩猟・漁猟・採集を基本にして生活しているわけですから、不漁の日は「おまんまの食い上げ」なわけです。安定した食生活というのは、農耕文明がもたらされてからなわけですね。

つまり、そもそも人間というのは、「メシが食えない日」=「断食」というのをプログラムに入れて生活できるように出来ていた、と考えるのが自然なのです。だって、農耕文明以降なんて、人類史の中では「ごくごく最近」の話しですからね。

そう考えると、「不食」という考え方も、実は理解できる。固形物ではなく、水分・塩分や水分にとけ込んだ栄養素だけで生きる事が可能ではないか、と言うことは、あり得るのではないか、と思うわけです。極左のマルクス主義者である私であっても、それは可能性として否定できない。

魚山人さんに、その目で確かめていただいて、ブログ上で報告していただけると、僕も大変勉強になります。ていうか、猛烈に期待しています。

しかし、それは「食文化」という概念を否定する「パンドラの箱」であることも事実なのですがね(笑)。

Posted by 下田部魯山人 at 2008年07月10日 07:49

全くその通りです。

野生の動物は常にハングリーです。多分、過食で病気になる生き物は人間だけですね。
健康に生きる秘訣は、必要最小限の食事でしょうか。
Posted by 痛前 at 2008年07月10日 10:59

過食で病気になるのは人間と家畜でした。

家畜は、人と共に生きていた時代と違い、今は病気にして食べる生き物になっています。霜降りの肉、運動不足で薬漬けの豚・鳥、強制的に育てられる養殖魚、、などなど、。
病気の生き物を食べて健康なわけは無い。
薬漬けの野菜も然り。。

自然が与えてくれるだけの野性を、感謝して飽食しないことが健康なんでしょうね。
Posted by 痛前 at 2008年07月10日 11:10

こんにちは^^
少し耳が痛くはありますが、もっともだっ!と思えます。

梅干しも市販の妙に甘いものが多く、
9年前から自家製でやっていますが、
レシピも色々ですよね、
我が家は、今はH17年の梅干しを食べていますが、減塩していなくとも、年月の力で、塩が練れて、角も取れ、それこそ「イイ塩梅」です。

精製がすすむにつれてリスクも高くなるのは、砂糖・塩だけじゃなく、加工食品もそうですね、
便利で、さっと食べられる事の裏には、何が隠されているのかしら・・・・と、やっぱり自分で選んで、調理するに限りますね。
でも、コレは専業主婦ゆえでしょうねぇ~
働いてるお母さん方は、すごく忙しそうですから・・・・
Posted by ほっこり at 2008年07月10日 16:35

今の日本人の食生活は乱れすぎだと私も思っています。

私の言葉で書きますと、日本人であることを自覚していないことがもっとも問題であると私は考えています。

節食記「五」を拝見しました。魚山人さんジム通い開始おめでとうございます。私もジムで鍛えているハードコアトレーニーです。ボディビルダーともいいますね^^
明治以来の食生活の欧米化は魚山人さんのおっしゃるとおりで、また戦後のアメリカによるトウモロコシ・大豆・牛肉・油脂などの市場化は、日本弱体化戦略のひとつとすら思っています。

運動・休息・食事の3拍子が揃っていないと筋量を増やすことができないのが人間の体ですから、ハードコアトレーニーは食事には殊の外熱心に取り組みます。私も最初は欧米のプロビルダーの食事を参考にしたりしていましたが、内臓(高たんぱく食のため特に肝臓や腎臓に負荷がかかる)から疲れがきやすいことに気づき、和食に切り替えました。

胃腸内視鏡外科医の新谷弘実さんの「病気にならない生き方」を読んで以来、穀類・小魚・海草・野菜・芋などを中心とした食生活に切り替えてみますと、それまでよりハードに追い込み続けても身体が持続するのです。
穀類(煮豆・麦飯・凍み豆腐など)・小魚(コハダ・鯵・鰯・秋刀魚・鯖など)・海草(ひじき・わかめ・昆布)・野菜(小松菜・人参・ブロッコリー・牛蒡など)・芋(さつまいもなど)を昔の家庭の和食の食べ方で食べ続けてからですね。本当に身体を改造できてきたのはですが。
特に青魚は日本人の身体にとってなくてはならないものと感じています。

食事からとる三大栄養素のうち主に炭水化物と脂質が体脂肪になりますが、脂質は体内で脂肪酸になるか、脂肪酸に変換されずにそのまま体脂肪になるかどちらかです。
脂肪酸には
EPA系列のEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサエキサエン酸
飽和脂肪酸系列のミリスチン酸やバルミチン酸
リノール酸系列のアラキドン酸
がありますが、
もともと日本人はEPA系列の脂肪酸を摂取する食生活で健康を保てるようにできているということです。

EPAは血小板の凝集能力を抑制して血が固まりにくくする性質がありますし、善玉コレステロールを増やしつつ悪玉コレステロールを減らして血中コレステロールを下げる効果があります。
また、DPAにはEPA同様の効果だけでなく脳の血の流れをよくして脳の動きを活発にさせる効果があります。
EPAもDHAも魚介類(特に青魚)に豊富に含まれています。

ところが、肉食中心の欧米食には
肝臓でコレステロール化しやすい飽和脂肪酸系列が多く含まれ、リノール酸系列のアラキドン酸は血小板の凝集を促す働きがありますから、血液をドロドロにして血の塊すら作ってしまいます。
ただでさえ肉食になれない日本人が欧米人ですら危ないことに気づきだしている高脂肪を無意識のうちに大量摂取していれば、心筋梗塞・脳梗塞・大腸がん・胆のうがん・前立腺がん・子宮がんが発生しやすくなることは当然ということですよ。

明治維新後に勝海舟は他人から、健康のために牛肉や肉食を勧められると、「最近の奴の気が知れないよ。牛乳をお飲みなさい、牛肉をおあがりなさい、というけれど、元気がないやつばかりだ。あたしは豆や雑穀を食べているが、こんなにぴんぴんしているよ」と答えたそうです。
海舟は直真影流という荒稽古で有名な剣術の達人でありましたが、私も古流剣術の真似事をしていた経験があります。当時の稽古内容の記録を見ると、この時代の日本人の運動能力は、現代人とは別物と言ってよいほどに強いです。
いろいろな原因があるとは思いますが、食生活はかなり大きいものと私は見ています。

昨今、青魚エキスのカプセルのコマーシャルを眼にすることがありますが、これはもともと魚の手に入らない海外の一部地域へ赴任した結果、魚介類摂取不足で体調を壊す邦人向けに作られたもののようですね。

食の乱れを語りだしますと話は尽きないのですが、日本人が食を語る上で最も大切なことは、我々が日本人であることを自覚することだと思っています。

Posted by ポコ at 2008年08月02日 21:02

すみません。間違った表記がありました。

 (誤)直真影
 (正)直心影

です。
Posted by ポコ at 2008年08月02日 23:52

<< 手前板前:〈食い違い〉の日本人はBSEの牛