合食禁へのコメント

いつも勉強になりますm(__)m
ヨーグルトはいつも食べてますが、これからはフルーツと一緒にとるように心掛けようと思います。
ちなみに、ウチの子たちはバナナとブルーベリーにヨーグルトをかけて食べてますが・・・OKですよね?
Posted by pitagora at 2006年12月19日 23:55

pitagoraさん。 ジンギスカンの軍がユーラシアを制圧出来たのは、モンゴル軍人の頑強な肉体が背景であり、その頑健の秘密はヨーグルトであったなんて説もあります。そのくらい身体に良いって事ですね。味覚については「醍醐」と書くくらいですから言う事無し。
ただし本物のヨーグルトを砂糖無しで食べた場合ですけど。

バナナはフルーツの王者たる栄養と適度な繊維を持ち、かつ安い。これを食べない理由が見当たりません。おいらも切らした事がありませんよ。

Posted by 魚山人 at 2006年12月20日 10:35

拝見させていただいております。
朝食にグレープフルーツを食べると目が覚めるとか?
アンチエイジング食品だとか?
食べてた時期がありました。
・・・ホテルの朝食コースで、オレンジジュース、グレープフルーツジュースなど、ジュースがシリアルと卵料理と共にコースに
なっているのも理由があるのでしょうね。
「朝の林檎(果物)は医者を遠ざける」、林檎はバラ科ですよね?
Posted by kosutalika at 2006年12月20日 05:50

kosutalikさん。

林檎はバラ科ですが、酸味と甘味を兼ね備えておりまして(成分的にも)③のグループになります。

グレープ・フルーツ一個分のジュースで、約100ミリグラムのビタミンCが摂れます。朝食に最適ですが、①になりますので、少し時間を空けて飲んだほうが胃に負担をかけません。

Cの不足は甘みへの欲求になります。朝食にグレープ・フルーツ一ジュースで結果的にその日は砂糖(甘味)に対する欲求を抑える事が出来ます。
「極度の胃弱者」以外の人は毎日でも飲むべきでしょう。
Posted by 魚山人 at 2006年12月20日 10:45

食い合わせの話 参考になりました!
ヨーグルトとプルーン、ポーチドエッグ、又は白身はゆでて卵黄は生で納豆と混ぜてっていう朝食摂ってます。朝きちんととると、倦怠感が別物ですよね。会社ではバナナとにぼしがおやつになってます。
そういえば、先日知ったのですが 
電子レンジも体に悪いみたいです!
魚山人さんのブログの影響で、もっと食に気を使うようになりました。

Posted by サクライ at 2006年12月20日 12:28

サクライさん。

門外漢なんではっきりとした事は分かりませんが、一説では癌を発生させるとも聞きます。マイクロ波ですね。携帯電話も同じなんで、もしそうなら大変な事ですが、因果関係が正確に立証されたという事実はまだ無い様です。時間がかかるんでしょうね検証には。

キミさんはかなり理想的な食事をしてるみたいですねぇ(^_^)
ぜひ持続させて下さい。

店のお得意さんに、ある歌い手さんがいるんですけどね、お見えになった時においらが黙って出す一品があるんですわ。
昆布で取ったダシで自然薯をのばし、煮アワビとヤガラという白身魚の上にかけて紀州梅を添えた、淡雪風すり流しです。
これを食べると、喉の調子が良くなるとおしゃってますよ。
Posted by 魚山人 at 2006年12月20日 14:13

<< 手前板前:合食禁