失敗料理は「つきモノ」、「流しモノ」、「捨てぬモノ」  

「流しもの」の再生

なにやら番手の騒ぐ声が聞こえます、

「どうするんだよコレ!」

若いのを叱っているみたいです。

訊ねてみますと、どうも料理を失敗したみたいですな。
いつぞや紹介しました旨トマトを流し物にさせたところ、


若いのが硬さを間違えたらしい。


「あれほど言ったじゃねぇか!っんで間違えんのよおまえは」

なんか頭の奴、いつもの優しさがなくカリカリしてます。
ナンカでガッポリ負けたんでしょうか(笑)弟みたいな若いのに当り散らすなんて馬鹿なヤロウですわ。まぁ放っておけば普段の冷静沈着が戻るんですけどね。

若いのはオロオロした顔して、
「すんませんでした。どうしたらいいんでしょうか。捨てるしかないんでしょうか」
そう泣きそうに言いますんで吹き出しそうになりました。

笑いながらね、
「捨てる?バカだねぇ。いいか、よぉ~く見てんだよ。一回しかしないから(笑」




はいできました。
「献立を少し書き直しはするけれども、前のより美味そうだろ」



それにしてもこの石膏のクズみたいなのがこれだけでおよそウン万円。
片栗粉の何倍でしょうかねぇ。

九助(吉野葛)ですが、本当に和食材は高くつきます。

料理ってのは線引きが難しいもんです。


関連記事・流しもの/寄せもの

グルメ漫画でもあるまいに、失敗した料理をポイポイほかす料理人がおりますが、どういった感覚なのか理解に苦しみます。食べ物はゴミではありません。芸術家きどりならば、料理をやめてそちらの道に入ればよろしい。
頑迷だろうが迷信だろうがこれだけは譲れません。食べ物は粗末にしてはいけないって事です。どんなに人の心が荒んでドライな世になってもね、最後までこのモラルは崩してはいけないもんだと思うんですよ。最後の線引きではないでしょうか。


Posted by 魚山人 at 2008年

この記事へのコメント
おはようございます。まったくもって捨てるなんて どうかしてます 小手先の技術なんかより 大事なことですね  以前カウンターで若い衆が親方に、出す料理の盛り付けをもってきて パフォーマンスなんでしょうが こんなんはお客さまにだせねぇよ!ゴミ箱に棄ててました これは自分がされたことです 当時は悔しくてたまらなかったですよ 自分に活をいれてくださる気持ちもあったのでしょうが 自分はそんなことやらないですね。すこし愚痴っぽくなっちゃいましたね… いい天気です 良い一日を(^-^)
Posted by たいら at 2008年10月03日 09:22


たいらさん。
いつもお心遣いをありがとうございます。
Posted by 魚山人 at 2008年10月03日 18:32




魚仙人さんはじめまして。まだボウズだった頃の経験ですが失敗した時こんなもん使えんわ!お前,これがなんぼするか解ってんのかと怒鳴られ目の前で食材をよく叩きつけられた事がありました,魚仙人さんのような方がいたら板前の人生観もだいぶ違ってたでしょうね。いい意味で。それでは失礼致します
Posted by 公平 at 2008年10月04日 02:40



公平さん、こんにちは。
残念ですがいまだにありますね。
料理道とそういった事は本来関係ないはずなんですが・・・
お便りありがとうございました。
Posted by 魚山人 at 2008年10月04日









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.