流れ板  

流れ板

紫陽花が美しいですなぁ。

艶姿七変化、高貴でありながら人懐っこい花でもありますねぇ。

板前流れ旅

おいらは若い時に各地の板場を流れた時期がございます。
と言いましても、親方の指図で動いておりましたので、根無し草の流れ板という訳ではありません。所属の無い流れ板と違い、「紹介状」を懐中にして動くというものじゃなかったのです。

親方は高齢で、顔の広い職人でした。
じっとしてられないおいらの性分を見抜き、でかい腹で各地を放浪させてくださったのです。

「○○県の○○亭に行って来い」
「はい。行ってきます」

もしくは、
「親方、今度四国へ行ってみたいんですが」
「なら土佐の○○さんとこに行け」

で、雪駄履きにダボシャツ、寒かったら皮ジャンかスカジャンを肩に。
持ち物は設計士が使う筒状の製図入れだけ。

中身は設計図ではありません(笑)柳に出刃に薄刃。庖丁です。
他の庖丁が入った庖丁ケースと衣類などは別便にて送ります。

店に到着するやお勝手に回り、挨拶。

「○○から参りました。魚山人と申します。」

「え?聞いてませんが」

あんのクソジジィ!連絡も入れてねぇ(~_~;)

まぁ大概はそんなもんですが、御亭主と面談すればすぐ解決。
こういう事情ではなく、新規で働き口探す場合でもね、昔は履歴書なんぞあまり必要はなかったんですよ。《紹介状》か、もしくは《どの親方の下にいたか》。板前の世界はそれだけです。

それやこれやで各地を回りました。
その間色々な事があり、思い出も多く貴重な経験も。
「旅はやめられねぇ」、しみじみ感じたものです。

中でも強く思い出に残る節目みたいなモンは、何故だか梅雨の時期が多い気がするのです。濡れ窄む風景、そこに佇むのは鮮やかな紫陽花です。

※紫陽花は料理のあしらいにも多用します。
しかし紫陽花は毒花です。間違っても食べてはいけません。
(食べさせてはいけない)
中毒を起します。

 

流れ板角さんと紫陽花

最初にその板前と出会ったのは北陸だったと思います。
煮方が3~4名もいる大きな板場でした。

おいらがお邪魔して3日目に《紹介状組》の流れ板が入ってきました。
繁忙期だったんでしょうね。

その流れ板の名前は「角さん」(仮名)。
出身は東北で歳はおいらよりも10才くらい上。
見事な寒打ちの本焼庖丁を持っていました。

その店の板前が10個を剥く間に、5キロの馬鈴薯を全部庖丁でスイスイ剥いてしまう腕の冴え。おいら達二人はたちまち意気投合しました。

数日後、風邪気味で具合の悪い角さんに、生姜湯とお粥を作って食べさせますと、大袈裟に感激しまくった角さんは、それ以降飲み代を絶対においらに払わせてくれませんでした。

そこでは三週間ほど一緒に仕事をしました。

それから約一年半くらい後。
関西の料理屋に出向いた時、そこの板場に角さんがいました。

「やあ、また会えたねぇ」

嬉しそうに笑う角さんの無邪気な顔。
その晩はミナミまで出て痛飲。
もちろん代金は角さん。どうしてもおいらに払わせない。

ほどなくおいらは自分の店が忙しくなり、親方も気を使っておいらを旅に出すのを控え、そうこうしてる間に10年の歳月が流れました。

店は完全に軌道に乗り、若いのも順調に育った事もあり、またぞろ旅が自在にできる様になっていた時期です。

突然店に角さんが現れました。
喜んだおいらは当分の間草鞋を脱ぐように懇願しました。

「ゆっくり逗留して、のんびり東京見物でもしてよ」

「気持は嬉しいけどね、生憎この近くの料亭に入る事になってる」

ガッカリはしましたが、すぐに会える距離。
渋々と引きとめるのをあきらめました。

しかしそれから三ヶ月、まったく音沙汰がないのを不審に思い、その料亭を訪ね、裏から料理長を呼び出し聞いてみますと、
「いや、角さんなら数年前に来たが、今年は来てないですよ」

色々な想いが錯綜したままやむなく帰宅。
すると暫くしたある日、裏口から角さん。

「やあ、今晩は」

「今晩は、じゃなくて。まぁとにかく中に入ってよ」

「いや・・・」

そう言ったきり動かない。

10秒ばかり角さんの表情を睨む様に伺いますと、おいらはいったん店に戻りました。再び仁王立ちの角さんの所に戻り、黙って封筒を差し出しました。

角さん。
消え入るような小さな声で「すまない・・・」

「全然すまない事なんかないんだよ角さん」

去っていく後姿をおいらは声も無く見送りました。



翌年の6月、便りをもらいおいらは東北へ行きました。
便りをくれたのは角さんの息子。
息子がいたとは知りませんでした。

死因は心臓病。
息子が社会人になるのを見届けて死んだとか。

奥さんは離別して行方は分からない。
息子に仕送りしながら大学まで行かせたと言います。

「葬式らしいものをしてやれませんでした」
「連絡が遅くなり申し訳ありません」
小さな墓所へ案内しながら息子は言いました。

手を合わせたおいらに息子が、
「ありがとうございました」
そういって差し出したもの。

それは見覚えのある封筒。
おいらの店の封筒でした。




卒塔婆を覆い隠すように茂る紫陽花を見る。
雨は止んでるはずなのに濡れている。

紫陽花は「高慢」「冷淡」「無情」
それは角さんの庖丁さばきを思わせる。
実に艶やかな庖丁人だった。

そして紫陽花には別の花言葉があります。
「辛抱強く、ひたむきな強い愛情」

おいらは眩しく輝く紫陽花の横、
いつまでも黙って墓前に立ち尽くしておりました。

封筒を握り締めたまま。



2010年07月01日

Comment









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.