旅と母  

旅と母

板前という職業に絡んだ料理関係のビジネス旅行にしろ、個人的なプライベート旅行にしろ、旅には魅力を感じます。根が放浪者なのでしょうね。

旅の副産物は、東京にばかり居てはバランス感覚を失うというのがある気がしますので、正気を保っていられるってことがあるんじゃないでしょうか。

色々な意味にて変わっておりまからね、東京ってのは。
まあ早い話息が詰まるってことになりましょうか。

(通常「東京」と言う場合、神奈川・千葉・埼玉あたりを含めた表現になっていますかね。これは交通網の高度化で、江戸が首都圏に変容してるからでしょう。都内に通勤できる範囲内をも含んだ東京です。しかし都内には明らかに「違う空気」と言えるものが存在し、その空気はある種の「棘」のようなモンです)


 


大自然の静寂に包まれて、石隗のように佇んでいるのも捨て難く、その孤独感は人とのつながりを渇仰しつつもそれを悟らぬ現代人特有の焦燥な孤独とは無縁のもので、泰として宇を感ず。寂寞の間に泰山府君を想えば自ずと泰然自若の意味を悟らん。


その反面で、背の籠に野菜を背負い、あるいは頭に荷を乗せて道行く農家の人々の、自然との摩擦だけが生み出し得る「皺深い笑顔」。そして喧騒な市場もいい。

いつ頃の昔だか、日本にもそのような光景があったもので、それは何故か祖母や母親の記憶とダブってみたりします。都会育ちの二人はそんな日常ではなかったはずで、どうも妙な感じですが、男が「女の親」に感ずる普遍的な感情なのかも知れません。


男ってのはね、自分も親も歳をとってくると、母や祖母に「罪の意識」というか、「痛みみたいなもの」を感じます。自分の人生の大半を苦労で過ごし、小さな体にあらゆる重い荷物を背負いながら育ててくれた感謝と、それをろくに報いる事のできない自分の不甲斐無さ。

「あれだけの犠牲を払って育ててもらってながら、この俺か」

そのねじれた感情があるので、素直に親孝行ができる人間は稀なものです。

母親は家事に仕事に忙しすぎて浮ついた世情にどうしても疎くなるので、それを「無知」だとか、「田舎臭い」だとか、「恥ずかしい」などと怒ったりする。

しかしそう言いながら、「本当に恥ずかしいのは自分のほうだ」って事は心の何処かで知っている。だから「痛い」のです。もっともこれはもう「昔話」かも知れませんなぁ。

昨今の世情をみておりますと、年寄りも若者も孤独化が加速しつつある様子です。上に書いたような子が親に感じた「痛み」などというのも過去の話になってしまうんでしょうねぇ。「痛み」どころか親が死ぬまでスネを齧らぬと生きて行けないってのは異常な世の中です。

どちらにしても今の世代を責めてみても、過去の世代を責めてみても意味は無い。それぞれの時代・世代の中で懸命に生きてるだけですからね。短い生涯を生活に追われているだけのことで、誰にも責任など問えはしません。

責任があるとすればそれは「人間のはかなさ」にあるといえましょう。
ありし日の日本の光景が消えると伴に、人間達の姿も変容して行くのでしょう。



テロリストそのまんまのツラをした連中が極悪な人相とは裏腹に妙に可愛らしい品物を一生懸命に売ってたりする。どうせ理解できまいと日本語で、

「爆弾とか鉄砲でも売ってた方がお似合いだぜあんちゃん」
「人を殺してるでしょ~ヨ、そのツラはどうしたってよ、え?」

などと危険で失礼極まりない冗談を言ってみたりするが、
裏では本当に武器を売ってたりして(笑)
それか日本語を知ってたりして(^^;)

商品を買ってくれると思ったらしく、破顔一笑。
少女が売るのがお似合いな、苺に似たものを手に取りアピールする。
その笑顔がなかなか良い。

見た感じ農薬の艶を感じなかったので買ってみたりする。
「チップやるからテロはすんなよ」

言葉はまったく通じないが、何か面白い冗談を言ってるのは分かるのでしょう。それにおいらは話をする時は必ず相手の顔を見て目でも話しますんで。

悪人ズラは消え、腹の無い実に良い笑顔を返してくれました。
どうやら屋台の周囲で騒いでた可愛い子供たちの父親らしい。

子供の頭を撫でてやり、「お前の親父はとても素晴らしい」と片言の現地語で言ってみますと、太陽のような笑顔と、「当たり前さ」と言いたげな強い眼光を返してくれました。



おいらはどうも母に孫をプレゼントすることができないようです。
しかしまあ人は十人十色。人によって価値観も違えば当然幸福を感ずる対象もそれぞれ。一概に決め付けることはできません。そう思うしかないでしょう。他の方法で孝行をするしかありません。

暑い夏に風鈴の音を耳に、縁側で西瓜を食べながら行儀悪く西瓜の種を庭の彼方へと吹き飛ばして遊びつつ、ふと座敷を振り返れば白い割烹着をつけた母が裁縫をしていて、子供ながら縫い物をする母が美しく感じたものです。

できるものならば、母をあの時代に帰してやりたい。



旅する地が遠ければ遠い程、逆に母を身近に感じる。
これはいったい何でしょうかねぇ。

マザー・ネイチャーという言葉がありますが、大自然と母親はどこか似ているのかも知れません。

もうお互いに、白髪を抜いてあげるという年齢ではありませんけども、旅先の地で湧出してくるのは、まさに「母の白髪を抜いてあげたい」という気持なのです。



2010年04月07日

Comment









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.