料理を美味しく味わう  

料理を美味しく食べるには

料理を美味しく味わう最良の手段は、「先入観を持たない」こと
先入観というものの定義は微妙ですが、「無知」で構わないでしょう。

つまり「知らないでいる」という意味です。

その味に対する経験があると、「期待値」が高まる。その期待感が脳内のドーパミン放出につながり、恍惚感を持てる。

しかしね、ドーパミンもβ-エンドルフィンもいわば「麻薬」に近いものです。「中毒」というものは「前よりは次、その次はさらに・・・」という具合でもってエスカレートしていく性質。

これってのは冷静に考えてみますと、「無いほうがまし」ということじゃないか。

すると【「終わりがない」状態は「始まりも無い」】という事になり、ループになってしまい「宇宙論」と同じく禅問答と化し、話が終わってしまいます。

「宇宙には始まりがあった」と言う奴がどうしても分からない(特にマル子が説明するインフレーションだのマイナス何十秒乗だのは、いくら聞いても無理)。じゃあ、始まる前は何だったのか?
「なにも無い場所にユラギが・・・」
そんなのは日本語でも地球語でもねぇ!
なんで何も無いはずなのに、その場が「存在するのか」、なんでゆらぐのか。ゆらぐのはオイラの頭だけだっての(笑)

毎日毎日料理のことばかり考え続けノイローゼになったのか。
ま、別にそうことじゃありませんけども、美味いものを食いたい執念は強い。

美味い料理を食べたいし、作りたいと思うんです。
だが舌はもうスレきって、あらゆる料理に鈍感。

自分はね、「既知の舌」が憎い。
訳知り顔の「ドーパミン」が憎ったらしい。
自分の「食べ歩き人生」に腹が立つ。

味覚を感ずる味蕾を、「リセット」できたらどうか?
その料理に対する「予備知識」を消せないものか?

 

「夢を売る芸能の消滅」と料理

●スターたちの「露出」

これが例えになるか微妙ですけども。
俳優や歌手がおりますな。まぁ、スターのことです。
自分にも好きなスターが何組かおります。

ですけどね、そのスターたちの「素顔」を知りたいとは思いません。
若い頃はともかく、分別のある今はそうです。
テレビやラジオなどでの「トーク」も嫌ですね。
観たいとも聴きたいとも思わない。

見聞きしたいのはね、彼・彼女らの本業(芸)だけ。

あの方々の魅力や主張は【フィクションなればこその魅力】なのです。

現実である「本人」には興味がありませんね。
知れば知るほどイメージと乖離していくだけ。まず絶対に失望します。

(ちなみに自分はみゆきと拓郎が好きですが、「本人」には興味なし)

したがって、今のスターたちがなにゆえ「自分の地を露出」するのか理解に苦しむ。仕事は、夢を売る、芸を売るのが本業なはずなのですがねぇ。

「自分だって人間なんです」って言えば言うほどスター性が消えていくだけ。見てる側は「スター」だから見たくなるのであって「普通の人間」になんか興味は無いと思うんですよ。だって「普通」なら自分の周りにいくらでも居るわけだし。

「ファン」と「スター」の微妙な距離感。難しいことですが、所詮は「フィクション」なのです。そのへんの虚々実々の「駆け引き」って奴が日本の芸能の世界では完全に失敗していると思います。なのでこの世界は間もなく崩壊するでしょうね。

米国のハリウッド。パパラッチの攻勢が激しくとも、なんとかまだ辛うじてそれを維持できているようです。が、日本じゃもう「芸」だけではどうにもならず、「電波芸人」として芸ではなく自分自身を露出してなきゃ飯も食えないって有様。

「普通っぽいところが良い」
ファンもスター本人もそう思い込んでいるらしい。
もう30~40年もこの感覚。

これは完全に子供じみた「錯誤」であって、大きな間違いです。
(なぜ錯誤かと言えば、夢と現実の区別をつけられないから)

手の届かぬ場所にある、夢やファンタジーのようなフィクション。
それってのは、誰もが「手が届く」と思い始めたら消滅するだけです。

「夢」のない音楽や演技など、金を出して買う値打ちは無いですな。

背景には「デジタル時代」って奴。
音楽も、演劇も、人々に幻想を抱かせるのは困難を極めるでしょうね。

「本人の露出」はそれを更に加速させ、将来への道を自ら閉ざしているだけです。

我々が「スター」だと思う方。映画出演のみでその地位を達成した俳優。
まぁ高倉健ですけどね。
あの人の「普通の面」を我々が知らないからこそ、「高倉健」なのですよ。


※※※※

「フィクションなればこその魅力」
この言葉で思い出しますのは、中島みゆきの【夜会】という舞台。
彼女は【「言の葉」という食材を料理して提供する超一流の料理人】だと、自分はそう思っております。
彼女の腕の冴えは、「食材の本当の味」を見事なまでに引き出す技に集約されましょう。その味と、料理の完成度に魅せられて夜会に足を運ぶ訳です。
その「料理」を食べた感想。
「現実と乖離したフィクションを目指すほどに、何故か現実が浮き上がる」

※※※※

料理の味

とは言うものの、予備知識や期待感を持たずに料理を前にするってことは現実でまずあり得ないでしょうね。味蕾を赤ん坊の頃に戻すのも無理。

「リセット」なんて、どうやればいいのか。


我々の食に対する嗜好は、経験と記憶に由来するものです。
特に嗜好学習初期の頃、つまり子供の時の食経験が大きい。
「おふくろの味」を生涯忘れられないのはその為です。

これを「初期化」するには、記憶喪失になるしかないのか?
それがね、どうもそうではないようです。

つまらない「自分個人の話」などをして”露出しまくり”
そんなモンとは無縁の、届かぬ高い場所にいる本物のスター。

これがヒントですな。

ようするに、リセットが無理なら「新星」を探せばいいのですよ。

「知らない」というのは、どういう意味なのか。
「まだ食べたことのない料理」なんて存在するのか。
存在しないとすれば、どうすればいいのか。

抽象的にすぎましょうが、後はご自分で色々お考え下さい。

長年考え続け、断食までして試行錯誤してきたアレです。
提起だけにとどめておいたほうがナニでしょうからね。

でも、答えを一つだけ書いておきましょう。

料理の味ってのはね、その料理だけじゃ完成しないんです。

つまり、料理のことだけを、いくら考えても無駄なんですよ。

人間の心理、つまり心とリンクさせて初めて完成するんです。
鍵は人の「思考の仕方」にあります。
食の嗜好とは人間の思考性そのものなんです。


2012年11月03日

Comment









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.