料理の死生観  

料理の死生観

レシピサイト

板前Blogって奴に何を書けばいいのかは難しいところです。 特に実用系をHPに移してからは余計に書き難い。

レシピには興味がないです。もしレシピ公開をやっていれば、そのうち誰が書いてるのか分かってしまいますしね、分かる人には。

和食には色々と流儀があり、見る者がみればどの親方の下にいたのか見当がつくようになっています。下処理なんぞは「はぐらかし」も通用しますが料理はキツイ。合わせ方、盛り込み方、材料そのもの等からでも隠しきれない特徴が出たりします。意識的にボケて外す面倒をやめて通常通り真面目にやればそうなります。

幾ら独自路線を開拓したとて習い覚えた仕事は消えない。 それが職人の性ってもんです。

『トマトの刺身』だの『ブロッコリーの刺身』だのといったふざけた記事ばかり書いておりますが、アンチテーゼとまではいかないにしろ反面教師くらいにはなるのではないか。便利すぎる浮世に対してです。たんに皮肉でしかないのかも知れませんけどね。

本人が出て「魚山人」が消えればこのBlogは終了です。
まぁ簡単にはそうならぬ様な細工をしてサイトやってますけども。

 

だからと言って板前である以上料理レシピに無関心なわけはない。
時々ネットの料理サイトを回ることもあります。
しかしまぁ一体全体どれくらいのレシピサイトがあるのか。
数えられる筈もないが膨大であることは間違いない。

多すぎるもんは無いのと同じ。

結局定期的にお邪魔する料理公開サイトは二つだけです。
家庭料理は『ほっこり日記』さん。
日増しにプロの技が躍動する『ひとつむぎ blog』さん。

偶然ながらお二方とも女性ですが、おいらにはこの二つのサイトで充分です。その理由は「料理は人が作る物」だからです。決して無機質なものではなく生きているのが料理。

料理に生命を与えられるかどうかは「人次第」です。
どうせ見るのなら死んだ料理よりも生きてる料理を見たい。
だからほっこりさんとあこさんのサイトにおいらは行くのです。

生きた料理

死んだ和膳より

生きたメシ

どのような場合でも人間は『自分流』です。たとえ流さるまま浮世の風に自己の考えを左右される風見鶏みたいな人でも、やはりそれはそれで自分流。

日本料理と和食とお惣菜。
きっちり壁が存在します。定義らしいもんはアヤフヤですけどね。

考えてみれば不思議な話ですが、外国も似たようなもの。
「普段着と外出着」と考える他はないでしょう。


「生きているかどうかは死んでみないと分からない」
無茶苦茶な言葉ですが、死生観の概念からすれば真実です。

ニーチェが神を殺し、サルトルなどが実存主義を構築。
だが現代社会は古代ローマと本質的に変わらない。
拠るべき神は死んでいる。
ニヒリズムや無常観が世に漂うことになります。

何を書いておるんだか伝わらなくなり、
「魚山人さんアタマ大丈夫?。耄碌したの?」

そんなご心配をかけたくないので、中略します(~_~;

要するに死んだ料理に生命は宿ってないってことです。
(当たり前ですが 笑)

では生きた料理とは何か。
それが分かれば苦労はしませんよアナタ(笑)

店で出すことは絶対に無いにも関わらず妙なモン作ったり

芋の煮っころがし作ってみたり

それもこれも答えが知りたいからです。

色々やって来てふと思う事。
生きてたり死んでたりするのは料理ではないのかも。ですな。
と、いうことは・・・・・


2011年06月23日

Comment









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.