どこか良いところへ・・・  

どこか良いところへ・・・

もう10年以上前の話ですが知人がオーストラリアに移住しました。その方はさる一流の大企業を定年まで勤め上げた立派な人です。キャリァからして定年後も勤め先に困る事はなかったでしょうが、こんな事を仰っておりました「僕は仕事柄何度も高級官僚の天下りをサポートしたことがある。内心忸怩たる思いだったし、今でも割り切れない想いがあるんです。せめて定年後はそうした事と無縁でいたい」

なるほどなぁ、そう思いました。
しかし移住の動機は他のところにあった様です。

「この国の将来はあまりに暗すぎます。国民すべてがそうなるでしょうが、特に老人の暮らしは非常に難儀な事になって行くのは間違いありません。今現在バブル崩壊の後遺症に苦しむ状況ですが、10年後には日本の経済に崩壊の予兆が訪れ、20年後には国家財政は完全に破綻している可能性が濃厚です。国自体が倒産するんですよ。僕は余生を静かに送りたいと望んでいますが、それは無理だと判断しました」

 

その当時の話の内容ですが、驚きですな。金融危機が起きる時期をほぼ正確に予測なさっている。それにこの時点で『75歳以上は・・』のドライな政策傾向も見抜いている。長い海外勤めで視点が大きくなっていた、それだけではここまでの観点は身に付かないと思います。

今でもその老紳士からは抜ける空と青い海の画像つき年賀状を頂いておりますけども、末尾は必ず「遊びにいらっしゃい」か、「あなたもこちらに移住しなさい」で結ばれております。南国好きのおいらには心揺さぶられる語句です。

しかしね、おいらは思うんですよ。
「逃げる場所はどこにもねぇんじゃないか」ってね。

歴史が教えてくれてると感じるんです。
世界中何処に居ても同じ確率でどんな事でも起こり得るです。

例えばね、第二次大戦が終ったと同時にソ連が北海道に侵攻する可能性は非常に高かった。日本が南北に分断されていたかも知れない訳で、そうならなかったのはけして必然ではないんです。そうなっていたら多分関東以北は今の北朝鮮の様な狂った国家になっていたでしょう。

歴史に「もし」はありません。
でもね、
どんな事でも起きる可能性があるんだってのは動かせない。

不幸と幸運、危険と安全ってのはね、
確率の問題でしかなく、場所の問題ではないんですよ。

つまり何処に居ても同じなんです。
幸せになる人はなるし、不幸になる人はどんな場所にいてもなる。

それを踏まえたうえでのリスク回避なら有りでしょう。
地震や噴火が起きる場所からネズミ等の動物は逃げ出す。それと似た様なモンで、危険地帯にいるより安全地帯の方が確実にリスクを回避して不幸になる確率が減るって事ですね。


少しは話は飛びますけども、
近年目覚しく進化が著しい分野がガン治療。
優秀な医者でも半年勉強しないとついて行けないほどらしい。そうした厳しさを反映しているのか、日本にも腕の良い専門医が増えております。まことに心強い話で結構なことです。

ところが治療のインフラが重厚になっております反面、見落とされている事があるんじゃないか。それはガン患者の激増ぶりですよ。今じゃ何十人に一人はガンになるほど。

癌のメカニズムに関しては研究が進んでいる。だけど「人は何でガンになり、なんでガン患者は増加してるか」についてははっきりした説明が無い。

医者は怒るに決まってますがね、おいらはこの世からタバコが消えても肺ガンの患者は減少しないと睨んでおります。 女性の乳がんも増加傾向を維持するでしょうし、男性の前立腺腺癌も増加を続けるに違いありません。

何故かと言いますと、ガンの増加はアトピーやら喘息などアレルギー症の増加とも関連してると思うからです。

もしかしたら機械・情報の文明進化とシンクロしてるんじゃないか。

複合的な因子によるもので、過度の都市集中やら情報化によるストレスなどもあるでしょうが、やはり直接的で最大の原因は「食の飼料化」ではないですかな。大衆食の高度文明化、進化ってやつ。

さっさと言えば、大量生産・大量消費の事で、要するに人間の家畜化で国の牧場化。

畜産や養殖ではエサの加工度合いが高すぎると、必ず動物に異常が発生します。曲がったハマチ、狂牛病、間接的には鳥インフル、豚インフル。それに大都市の通勤電車を想わせる「密飼い」でも病気が多発すのは業者にとって常識。

同じ動物なのに、人間だけが例外だと考えるのは妙です。


ここで話は戻り、結局逃げられないって現実に直面しましょう。
どうも現代の食には確かに問題がありそうです。
しかしじゃあ何を食えばいいんでしょうか。

過密の都会から田舎に帰っても仕事が無い、あっても安月給に耐えられない。農薬野菜が嫌でも畠作業は出来るわけない。都市の汚染が嫌だから何処かに引っ越すっても南極や北極の動物から環境ホルモンが出るんじゃどうにもならない。

せめて食には気をつける様にしよう。
ところが、
食材や栄養に関して造詣が深く、ご自分でも長く健康食を実践されていた方がガンで亡くなるケースがかなり多いのですよ。直接的にも幾人か知っております。長寿を誇っているのはね、「粗食で育ち、美食・飽食を知らない世代」だけなんですよ。

我々は檻に閉じ込められて出る事は出来ないんです。

見渡せばコンクリートの箱。
空は地に迫って低く重苦しい。
抜ける空と青い海など何処にも無い。
『檻』と形容するしかない街。

でもね、ここで生まれて育った。
おそらくはここで死んでいくでしょう。

出て行く場所はないし、逃れる場所も無い。
呼吸もできないアスファルトのタールに立ち昇る陽炎、そいつに目眩を感じても、ここを歩くしかない。

どこか良いところに逃れたところでね、
そこは『檻』の外ではないと思うからですよ。

2009年06月10日

Comment









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.