サイトポリシー

板前HPと板前ブログについて

HP記事は、ほぼ全編ブログ記事を再構成して転載したものです。

『てまえ、板前、男前』のタイトルで2006年8月からBlog開始、HP開設は2009年。

両サイト内の記事は教科書的な意図で作成したものではありません。
魚の料理などでお困りの方に、些少でもお役に立てればと綴ってきた板前日記でしかありません。

初歩的な「やり方」を説明したものであり、所謂レシピサイトでは御座いません。ご承知下さいませ。

文章に記憶違いや誤謬も有り得ます。
注意はしていますが検証しきれるものでは御座いません。
従いまして内容に学術的な正確さを保証するものではございません。
正確な知識を必要とされる方はそれなりの手順を踏まれる様にして下さい。
(専門書・百科事典等で裏を取るなど)

記事内に書かれた事柄や人物についても同じで、正確さをお約束するものではございません。
サイト内の全記事は、あくまでも参考程度にお考え下さり、個人が書いた読み物として楽しんで頂きます様にお願い致します。

●プライバシーポリシー&免債事項

(1)当サイトは「画像やテキストにあるリンク」を介した商品の紹介をしているページやコンテンツが存在しています。しかし仮に該当リンク先で商品の売買がなされた場合においても、お客様とリンク先販売者との契約になり、その取引に当サイトは一切関与できません。万一トラブル等が発生致しましたら販売者と交渉なされて下さい。

(2)当サイトは自動配信型の広告を掲載しております。いかなるケースにおいても、当サイト管理者がお客様に、この広告バナーやテキストリンクのクリックを強制的あるいは欺瞞的に誘導する事はありません。クリックはあくまでもお客様ご自身の関心と判断に委ねるものと致します。

配信広告サービス業者は機械的にアクセス情報を収集して分析しており、これによりユーザーの動向を把握している場合があります。これらは、コンピュータのウェブブラウザを介した【Cookie】の利用で成されており、従いましてCookieの設定によりお客様ご自身である程度の制御が可能です。

・写真のコピーと使用について
サイト内にアップしてあるすべての画像には、IBMの『見えない印』が押せるソフトを使って写真のセンターから全面に当サイトオリジナルのロゴが描かれています。このロゴはコピーはもちろん、画像編集ソフトの加工でも消えません。これによって完全に当サイトの所有権を証明できるという事です。このサイトから無断でコピーし、それを様々な用途に使っておられます方は、この事をお忘れなきよう願います。
(※アフィリエイト関連のECサイト所有の画像を除く。この場合画像元のECサイトさんへのリンクがどこかにあります。その画像に関する用件等は、リンク先の販売店様に直接お問い合わせ下さい)
     
・文責と著作権は当サイト管理人にございます。

・リンク
公開WEBサイトですので、リンクに関しての遠慮は不要です。
お好きなページにリンクなさって下さい(こちらへのご連絡は必要ありません)

●メール

メールはこちらから

※個人サイトにつき、基本的に返信は致しておりません。

※プライバシー等に関するご質問には一切お答え出来ません。
(魚山人サイトの中では、店も公開していません)
ご了承ください。

HP 手前板前
ブログ てまえ、板前、男前
管理人 魚山人






どの様な物事にも「初」はつきものです。
庖丁を持って料理をする事に興味を感じ、やがてより高い次元へと進んで行かれる方がおられることでしょう。初体験から技術を習得する過程にかけて、人は触発される色々なものに関心を持つものです。

もしこのサイトがそうした方の「何かのきっかけ」の端くれにでもなりましたら、非常に嬉しく思います。やがて「通過」して、そして「去っていく」のが、全ての健全な物事のありようだと私は考えております。

「踏まれていく土台・通過点」サイトってなぁそういうもんだと思うんですよ。

高度な技術は、インターネットなどで習得できるものではありません。「頭で憶えても無駄で、体に覚えさせるしかない」からです。実践で身体に叩き込む以外の方法は無いのです。
すべては自力で経験を重ね知識を広げてこそ身に付くものなのです。

そんな事を日々戦いながら知って行く旅。そんな旅にむかいここから去っていくあなたが、より高度なレベルへと踏み込んで行く後姿を想像した時に、私は大自然の雑草のように「踏まれていくだけの存在」の喜びを感じるのだと思います。

あなたが造った料理が願わくばあなたの血肉のみならず、子孫達の身体を健やかに育まれんことを祈って  
2009年 魚山人





料理とcook(料理人)

料理は科学です。
文字から明らかな様に、食用素材を処理する事が料理。
あらゆる事象は数学と物理学で説明可能で、料理もまた例外ではありません。
つまり公式で定義できうる「科学」なのです。



ならば料理は科学の分野になるのでしょうか?
答えは『1流の料理人は化学者ではない』です。



「理にかなった相応の措置を取る」、「うまい具合に収める」、「合理的」
【理】はそういう意味で使用される言葉です。

この「理」の意味がポイントだと思います。
「理にかなった」とは、「理詰め・杓子定規」という見方と同時に、「理屈に捉われない」という解釈も可能だと思うんですよ。


私が料理を生涯の職業にしようと決心したきっかけを紹介します。
若い時に好きだった女性から言われた言葉がありましてね、


「世は嫌な事ばかり。でも食べてる時だけは幸せ」


つまり「料理人は人様を幸せにできる仕事なのだ」そう思ったのです。



こういう感情は「理にかなっていない」と申せましょう。
公式もございません。
ですが、これがあって初めて「美味い料理」が作れるのです。

「誰かを喜ばそう、幸せにしよう」
この気持を説明できる科学はありません。

この感情が強く、生涯失わない人が1流の料理人なのです。


web上にページを作り、自分の文章を書くのは容易ではありません。
書く前も、書いてる時も、書いた後も、そして公開中も、絶えず自分の拙さと至らなさに悩みます。稚拙な文章に頭痛がしてきます。「なんて情けない」そう思うんですよ。

「あの時の気持を忘れたくない、失いたくない」
その思いがなければとても書き続ける事はできません。


自分は「1流」ではありません。
板前としても半人前のぺーペーで、見習いと変わらず。
でも目指す気持は維持し続けていたい。

誰かに僅かばかりでも幸せを贈る。その感情を失いたくありません。
それが料理人だと思うからです。

↓ サイトご案内

↑ PAGE TOP