甲状腺ホルモン薬と相性の悪い食べ物  

甲状腺ホルモン薬と相性の悪いもの

中年の女性に多くみられる甲状腺ホルモンの不足による様々な症状。体重が増加したり、便秘がちになったり、倦怠感が抜けなかったりといった症状が顕著になります。

この治療に使用するのが甲状腺ホルモン薬です。
甲状腺ホルモン薬を投与すると多くの場合症状が改善するといわれますけども、この効果を阻害してしまう食べ物があります。キャベツやカブなどアブラナ科の野菜がそれです。こうした野菜に含まれるチオーオキサゾリジンという成分が、甲状腺ホルモン薬の効果を薄めてしまうのです。

前のページに戻る

Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.