睡眠薬と相性の悪い食べ物  

睡眠薬と相性の悪いもの

 

バルビツール酸系の睡眠薬は、効果があることで知られています。この名前を耳にしたことがある人も多いことでしょう。

この睡眠薬を服用する前後にフルーツを食べると、薬の効果が薄れてしまいます。フルール果汁の影響で、成分が排泄されやすくなるからです。

これはフルーツジュース(100%果汁)でも同じですので、この薬を服用するときはフルーツ系は避けたほうがよさそうです。

また、バルビツール酸系やブロムワレリル尿素を含む睡眠薬とアルコールを合わせるのは絶対にやってはいけないタブーです。

昏睡状態、場合によっては死に至る可能性もあるからです。 お酒だけではなく、菓子や料理などにもアルコールが含まれているものがありますので注意してください。

前のページに戻る

Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.