カプサンチン  

カプサンチン(capsanthin)

カプサンチンはカロテノイドの一種で、赤ピーマン・パプリカの赤色色素成分です。緑色の色素が日光で分解されてカプサンチンが生成され、緑から赤に変色します。
コレステロールの正常化に役立つ作用があるとされ、抗酸化の能力も高いといわれています。









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.