β-クリプトキサンチン  

β-クリプトキサンチン(β-cryptoxanthin)

β-クリプトキサンチンは、ミカンやオレンジに特徴的な黄色系の色素成分で、カロテノイドの一種です。パパイヤやホオズキの色もβ-クリプトキサンチンによるものです。

植物だけではなく、卵黄やバターにも含まれていて、β-カロテンと同じくビタミンA効力をもっている(レチノールに変換)ため、プロビタミンAの一つでもあります。

β-カロテン同様に抗酸化作用があり、β-カロテンよりも抗酸化作用が強いという説もあります。









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.