カンファー  

カンファー(camphor)

カンファーは、ローズマリーやマジョラムの精油に含まれる成分で、メントールに近い清涼感を持っています。 カンファーの別名は「カンフル」、日本では「樟脳(しょうのう)」といいます。

昔から薬用に使われていて、強心剤などに用いられていましたが、現在はリップクリームや湿布薬などの外用医薬品に利用されています。

多くのハーブと同じく消化促進や抗菌や疲労回復などに役立つとされ、実際にカンファーにも血行促進作用、鎮痛作用、消炎作用などがあります。

その半面で毒性があり、樟脳といえば防虫剤という時代には、誤飲による中毒が多数起きていました。飲み込んでしまった場合命にかかわるような危険があります。
もちろんこれは製剤による話であり、ハーブに含まれているような量では中毒など起きませんし、消化器官を始めとして体に好ましい作用をします。

スポンサーリンク







Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.