ピペリン  

ピペリン(piperine)

ピペリンはコショウの辛味成分で、アルカロイドの一種です。
コショウは食品を腐敗から守る抗菌作用があるされるほか、民間療法で薬用にされていますが、科学的な見地からもさまざまな薬効を持つ可能性を注目されており、研究が進められています。
とくに、ターメリックのクルクミンが有している解毒作用、肝機能改善、消化促進、抗炎症作用、抗ガン作用との相互関連性が着目されていて、これからの研究を期待したいところです。ただし、過剰に摂ると健康を害することが分かっていますので、注意が必要です。









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.